スポンサーリンク

「改革」と「改善」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「改革」と「改善」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「改革」「改善」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「改革」とは?

今の制度や方法などを改めるといった意味を持つ「改革」

単に改めるだけではなく、より良いものに、より優れたものに、より新しいものに、と変えていくことを意味する言葉です。

そのため、「改善」する際には、今の制度や方法のどこが、どのように間違っているのか、悪いのか、などを把握し、その結果をもとに改めなければなりません。

ただし、「改革」の場合、大きな枠組みから変えることはありません。

大きな枠組みは、そのままに、そのうえでより良いものに変えていくものを「改革」と言います。

「改革」の使い方

何かをより良いものにするといった意味の「改革」

組織をより良いものにすることを「組織改革」

今の働き方をより良いものにするといった意味の「働き方改革」

より良いものにする方法を示す「改革案」など、「改革」には、様々な使い方があります。

「改善」とは?

「改善」には、改めて良くするといった意味があります。

今現在の悪い点において、良いものへと変えていくこと、改良すること、などを意味します。

ただし、この場合、必ずしも現状のものがすべて悪いというわけではありません。

もちろん、良い点もあり、その良い点を認めたうえで、今よりもっと良いものにすることを意味する言葉となります。

簡単に言えば、悪いところだけをピックアップし、その点だけを直すといったことが「改善」です。

「改善」の使い方

改めて良くするといった意味の「改善」

体質を良くすることを「体質改善」

環境を良くすることを「環境改善」

働き方を良くすることを「労働条件の改善」などと表します。

そのほか、「改善」には、「改善の余地がある」といった言葉があります。

これは、まだ、良くすることができるといった意味で用いられる言葉となります。

「改革」と「改善」の違い

良くすることといった共通の意味がありますが、その中身が少し異なる「改革」「改善」

「改善」は、今の良いところはそのままに悪いところだけを良くするといった意味がありますが、「改革」の場合は、現状を把握したうえで、全体的に制度や方法などを大きく変えることを意味し、変える規模も「改善」の方が広範囲となります。

「改革」の例文

・『働き方改革とは言うけれど、実際に働き方改革が進んでいるとは実感することができません。』

・『会社が育児制度の改革を行ってくれたおかげで、とても働きやすくなりました。』

・『抜本的な改革策が見つからず困っています。』

・『組織改革によって、私は本社勤務になることができました。』

「改善」の例文

・『上司に、「まだ、改善の余地があるから考え直せ」と言われ、デザインを見直すことにしました。』

・『太りやすい私の体を改善するため、プロからアドバイスをもらうことにしました。』

・『暴飲暴食などをやめ、生活を改善した結果、毎日、健康的に過ごすことができるようになりました。』

・『明日までに計画案について、改善の見通しを立てる必要があります。』

まとめ

以上が「改革」「改善」の違いです。

使用する範囲の大きさも異なるため、使い分けには注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典