スポンサーリンク

「放牧」と「遊牧」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「放牧」と「遊牧」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日は「放牧」「遊牧」の違いとは?分かりやすく解釈していただくために解説していきたいと思いますので、どうか参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「放牧」とは?

先ず「放牧」について解説をしたいと思います。

「放牧」とは、牛や豚、馬や山羊等を自らの管理下にある土地の範囲内で柵等を設けずに放し飼いをする事をいいます。

基本的にこの方法は、管理者にとっては非常にコストカットできるという利点から意外に多くこの方式で飼っている管理者が多いようです。

「遊牧」とは?

ここでは「遊牧」について解説をしたいと思います。

「遊牧」とは、牛や羊、馬や豚等の飼い主がこれらと一緒になって移動しながら牧畜する事を言います。

もっと簡単に言うと、決まった拠点を持たずにこれらと一緒に旅をしながら、これらを育てるということになります。

「放牧」と「遊牧」の違いとは?

ここでは「放牧」「遊牧」の違いについて解説していきます。

「放牧」の場合

「放牧」の場合は、家畜の管理者がいるのです。

その家畜の管理者が自分の管理下にある土地、即ち広大な草原や山等にこれらの家畜を放し飼いをする事を言います。

非常にコストカットができるそうで、「放牧」をしている管理者が多いようです。

基本的にヨーロッパ等の広大な土地が必要になるという特徴があります。

「遊牧」の場合

「遊牧」の場合は、家畜の飼い主がおり、それらの家畜と共に草原等の広大な土地を渡り歩いて牧畜する事を「遊牧」と言うのです。

基本的に、モンゴル等で見かける事が多いように思います。

そして、牧畜に最適な土地を求めて日々渡り歩くというものですので、1か所に拠点を持たないという特徴があります。

「放牧」と「遊牧」をもっと簡単に解説すると

もっと簡単に言うと「放牧」の場合は、家畜たちを放し飼いして餌を与える事で、すくすくと大きくなるという感じです。

手間もコストも削れるというものです。

「遊牧」の場合は、1か所に拠点を持たずに牧畜に最適な土地を求めて歩きますので、飼い主が家畜に対して手間暇をかけているという特徴があります。

「放牧」と「遊牧」の例文

・『豚を放牧している』

・『羊を放牧することを検討している』

・『コストカットするなら放牧がいい』

・『最近では放牧する管理者が多いようだ』

・『放牧するにしても事前準備が必要です』

・『家畜と一緒に移動する事を遊牧という』

・『遊牧とは拠点を1か所ではなく土地を渡り歩くのだ』

・『モンゴル等だと遊牧する人が多い』

・『遊牧は手間暇がかかる』

・『遊牧は移動や旅が好きな人にはもってこいかもしれない』

以上が、「放牧」「遊牧」の例文となります。

是非ともお役立てください。

「まとめ」

まとめとなりなすが、「放牧」「遊牧」の違いや例文を分かりやすく解説させていただきました。

「放牧」は、家畜の放し飼い。

「遊牧」は、家畜と一緒に移動すること。

と捉えていただけると理解が非常にしやすいと思います。

そして、例文の方も書かせていただきましたので、是非とも活用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典