スポンサーリンク

「故人の死を悼む」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「故人の死を悼む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、故人の死を悼むの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

故人の死を悼むとは?意味

故人の死を悼む(こじんのしをいたむ)とは、亡くなった人の死を悲しむことを意味しています。

死を悼む方法は人それぞれですが、生前一緒に撮った写真を見て、どのような人であったか思い出しては懐かしく思う。

動画を観て、故人の人柄や魅力的であったところを思い出しては亡くなったことを嘆くことが故人の死を悼むの意味となります。

共有した感情や楽しかった出来事の記憶を辿り、ささやかな事柄でも飾らずに思い出してつづり、思いやるわけです。

故人の死を悼むの概要

忙しい日々に追われている毎日の生活では、このように離れている人を思い出し、懐かしむ時間もありませんが、亡くなったときだけは時間をかけて遺影に向かいながら大切な人を懐かしみ、心の中で対話するでしょう。

そんな故人が安らかに眠れるよう心から相手のいいところを思い出し、亡くなってしまったことを嘆き、いかに自分がいとおしく思っているかを伝えます。

追悼し、霊魂を慰める意味でも故人の死後に話して楽しかったことや、一緒に行動して感動したこと、ときにはつらかった出来事を一緒に乗り越えたそのときを思い出しては心を躍らせる。

そのようなことが故人の死を悼むことになり、鎮魂と供養になるわけです。

故人の死を悼むの言葉の使い方や使われ方

亡くなった人のその死を心から悲しむ人が使います。

悲しむ人は生前に仲が良く、心と心を通わせた友人や知人、家族とつながっていた者です。

死者に対して祈り、いかに自分が亡くなったことをひどく悲しみ、もう一度会って話がしたいとか、一緒に遊びたいと思っては懐かしむ。

そのようなときに「私は故人の死を悼みむことで祈りを捧げている」と使います。

故人の死を悼むを使った例文(使用例)

・30年来の友人が事故で亡くなり、私は毎日寝る前に故人の死を悼む。

・子供が病気で亡くなってしまったので写真を毎日持ち歩いて故人の死を悼む。

・親の死がつらいが前向きな気持ちで暮らすようにして故人の死を悼む。

友人や子供が亡くなるのは実に悲しいものです。

親よりも先に子供が死んでしまっては毎日楽しく生きられない人もいますが、そのようなときに故人を寝る前に思い出しては祈ったり、日々の生活に遺品を持ち歩き、つねにその人と一体となっている気持ちになることで前向きに生きられるでしょう。

前向きに暮らすことで故人への供養にもなり、自分の気持ちも明るくなるのです。

まとめ

安らかな眠りを心から願うために、故人の死を悼む人がいます。

それだけ生前は深い付き合いをしていた人にもう二度と会えないことがいかにつらいことかを悲しむのです。

生前の回想は、故人へのお悔やみと同じような意味をもたらします。

故人の生前の姿や楽しかった出来事を偲ぶことが供養となりますので、愛する人が亡くなったときは偲び、供養してあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典