スポンサーリンク

「敗」と「負」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「敗」と「負」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「敗」「負」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「敗」とは?

「敗」とは「敗れる」と読み、主に敗北する事を指します。

スポーツなどの競技や、企業競争、他者との争い、戦争などに負ける事を意味します。

「敗」の使い方

勝負に「負けた」時に使用されます。

主に他者との競技や競争、争いを指し「敗北」、すなわち「負けた」時に使用されますが、ただし「敗ける」という読み方も実際には漢和辞典等に記載されていますが、「まける」という意味で使われるさいの常用漢字では「負ける」としか認められていないため、通常使用される事はありません。

「負」とは?

「負」とは、同様に負けるとの意味です。

しかし「負」に至っては負けるという意味以外に色々な意味を含んでいます。

抵抗できない事を指す「誘惑に負ける」や、皮膚が痛むことを言う「剃刀負け」など、競技や競争などに「負ける」という意味以外にも多岐に渡ります。

「負」の使い方

「負」は、単純に対戦や競技に敗れた場合に「負けた」と使用されますが、他にも感情的な「誘惑に負けた」や、物理的な「夏の暑さに負けた」など使用方法はさまざまです。

いずれも何かが何かに負けてた時に使用されるもので、対人に使用されるとは限りません。

「敗」と「負」の違い

「敗」「負」の違いは基本的にはありません。

両方とも意味は「負ける」という意味です。

しかしながら「負」の方には単に勝負に負ける、という意味以外にも感情的な物、物理的なもの、色々なものに「負ける」た時に使用される違いがあります。

まとめ

「敗」「負」は両方とも「まけた」という意味です。

「敗」の方は他者に「まけた」場合に使用される事が多く、「負」は人以外にも「まけた」場合に使用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典