スポンサーリンク

「教育」と「育成」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教育」と「育成」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「教育」「育成」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「教育」とは?

「教育」「きょういく」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「人を望ましい状態にする為に、心身共に働きかけ、知識や技術、人間性などを身に付けさせるように図ること」という意味で、「子供に良い教育を受けさせる」などと言います。

人に対して学びの場を与え、能力を伸ばす目的で、様々な働きかけをすることです。

まだ知識や経験に乏しい子供や学生、若者に対して、長い時間をかけて良い状態に成長させていく時に使われる言葉です。

2つ目は、上記から転じて「学校で学ぶことにより身に付けた成果」という意味で、「教育のある人」などと言いいます。

「育成」とは?

「育成」「いくせい」と読みます。

意味は「立派に育て上げること」です。

ある分野で通用する様に、人を指導していき、将来的には独り立ちできる様にすることを言います。

「育成」「教育」のうちに含まれ、知識や教養ではなく、「ある分野にふさわしい人材に導くこと」が目的です。

最初に指導する立場の人が手本を見せるなどして教え、その後は本人が自主的に学んでいく様に指導することが多くなります。

ビジネスだけではなく、スポーツや伝統芸能や職人などに対しても使われる言葉です。

「教育」と「育成」の違い!

「教育」「人を望ましい状態にする為に、心身共に働きかけ、知識や技術、人間性などを身に付けさせるように図ること」です。

「育成」「立派に育て上げること」です。

まとめ

今回は「教育」「育成」の違いをお伝えしました。

「教育」「知識や技術、人間性を成長させること」「育成」「ある分野で通用する様に成長させること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典