「教育を施す」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「教育を施す」

教育は学生のうちに学校で受けるものという認識が多いです。

しかし実際には社会に出てからも教育は続きます。

そして成長していくにつれて「教育を受ける」側から「教育を施す」側に変わっていきます。

しかし教育を施すという意味をしっかりと理解しておかないと、ただ伝えるだけになってしまったり教育を受ける人が負担になることもあります。

また「施す」という言葉を使うにあたり、使われた側は良い印象を持たないこともあるため、「教育を施す」と言う言葉には注意が必要です。

「教育を施す」の意味

「教育を施す」という言葉の意味として、相手に対して教育をして学びを与えるという意味です。

「施す」という言葉にはいろいろな意味がありますが、その一つに「与える」という意味があります。

そして与えるものが「教育」というものや形ではないため、知識や経験を培わせるということになります。

しかしただ学べる環境・物品を与えることではなく、相手に対して学ぶことが出来るように手ほどきをするという意味となります。

そのため「教育を施す」ということは相手に対して学びになるように指導をするという意味となります。

「教育を施す」の言葉の使い方

「教育を施す」という言葉は相手に対して指導を行う旨を伝える際に使います。

そのため自身に使うことは少なく多くは他者や周囲に対して適応します。

しかし「施す」という言葉は相手に対して「与える」とするため、地位の高い人や相手の方が上手の場合に使うと失礼に当たりかねません。

そのため指導者になり、「教育を施す」際には相手に合わせて言葉を使い分けなくてはいけません。

「教育を施す」を使った例文・短文(解釈)

成長していくにあたり、「教育を施す」場面は多くあります。

しかし時に他者に「教育を施す」と言う言葉を使うとトラブルになることもあり、注意が必要です。

そのためどのような使い方が適切か、その例文と解釈を紹介していきます。

「教育を施す」の例文1

「私の職場の後輩にはなかなか学生気分が抜けずにずっと指導が必要な人がいる。いつも受け身でこれからも教育を施すのかと思うと荷が重いよ」

この場合、後輩にいつまでも指導が必要なことへの不満を語っています。

今までも指導してきたが会いかわらずの状態であり、成長がみられないことを意味しています。

そして自分で学ぶのではなく、こちらから与え続けないといけないことからも「教育を施す」と表現しています。

「教育を施す」の例文2

「セミナーにて多くの話を聞き、その中でも『教育を施す上で大切なこととして相手の意思を尊重すること』という話が印象的だった」

この場合、特定の誰かに対してではなく、セミナーの中で学んだ内容を要約する際に使われています。

またあえて「施す」と使うことで教育は指導をして与えるものと伝えています。

「教育を施す」の例文3

「私はいつも教育を施すつもりが、相手を傷つけてしまうことが多い。教育者としてどうすればいいかいつも迷ってしまう」

この場合、教育者としてどう行動すべきかに悩んでいることを相談しています。

教育を施すものとしてどうすればより相手の学びになるのか、葛藤しています。

「教育を施す」の例文4

「教師同士の話し合いで『私は学生に教育を施す際、出来るだけまずは相手の話を聞いてあげるようにしています。一方的に伝えるばかりにならないように注意して指導しています。』と言う人がいた」

この話し合いでは教育現場でどう行動しているかの意見交換が行われています。

参加者の一人が教育を施す際、どのように行動したり注意しているかを伝えています。

また「施す」と使うことであくまで「与える者」であると認識を促し、ただ伝えるだけにならないと意思表示しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典