スポンサーリンク

「敬具」と「敬白」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「敬具」と「敬白」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大切な人に手紙を書いていると、思わぬ語句の違いに悩むこともあります。

この記事では、「敬具」「敬白」の違いを分かりやすく説明していきます。

語句の差を知って、大人のマナーを身につけていきましょう。

スポンサーリンク

「敬具」とは?

敬具(けいぐ)とは「つつしんで申し上げました」の訳。

「拝啓」とセットにして使う、結びの言葉になります。

文章の終わりに用います。

お世話になった人に出す手紙、そしてオフィスの文書にはスタイルがあります。

「敬具」はそうした書式にならった、結語のひとつ。

結語というのは「もうこの辺りで、文章は終わりにしますね」と丁寧に伝える語句のこと。

送る相手に敬意をはらった、仰々しい言葉です。

頭語と結語は、カップルのようにセットにして用います。

そのため「拝啓」「敬具」はペア。

本文の最後に書き添えます。

オフィスの文書では「記」「以上」の前に書きます。

「敬白」とは?

敬白(けいはく)とは「敬意をもって申し上げました」の訳。

「拝呈」とセットにして用いる、結びの言葉です。

こちらも文章の末尾に書き添えます。

「敬白」も改まった手紙や、おごそかな文書で用いる丁寧な表現です。

「敬」は恭しい態度を取ること。

「白」は申し上げること。

そのため「敬白」で、うやうやしく申し上げるという訳になります。

当たり障りのない表現なので、ビジネス文書でもよく使われる言い回しになります。

文書では文頭に「拝呈」を、本文の最後に「敬白」を添えます。

「今後とも何卒、よろしくお願いいたします。

敬白」
などと用います。

本文と区別するために、文章を改行してから敬白を入れます。

「敬具」と「敬白」の違い

どちらも季節のお便りなどで、よく登場する響きです。

「敬具」「敬白」の違いを、分かりやすく解説します。

・どちらも手紙の結語
「敬具」「敬白」はどちらも、手紙や文書の締めの言葉として用います。

拝啓とペアになるのが敬具。

拝呈とセットになるのが敬白です。

そのため拝啓と敬白、拝呈と敬具は間違った使い方になるので心得ておきましょう。

拝啓と敬具。

そして拝呈と敬白は、どちらも一般的な文書や手紙で用いることができます。

同じような表現に「前略と草々」がありますが、これよりもワンランク丁寧な言い方が「敬具」「敬白」になります。

通常のビジネス文書であれば、問題なく使える表現なので自信をもって使用していきましょう。

また「敬白」「店主敬白」という四字熟語で使われることもあります。

高級料亭の本日のお品書き、メニュー表などに書き添えられる表現です。

お客さまへの感謝の思いを伝えるという意味があります。

まとめ

「敬具」「敬白」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも手紙や文書の末尾に書く、結びの言葉になります。

「敬具」「敬白」「つつしんで申し上げます」の訳になります。

拝啓と敬具、拝呈と敬白とペアにして用います。

通常の手紙や文書に書き添えられる、とても丁寧な言い回しなので覚えておくと大変便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典