「敵対関係」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「敵対関係」について

人は多くの物との関係性の中で生活しています。

良い関係性のものもあれば時にはそうではない場合もあります。

そんな時に「敵対関係」と表現することもあります。

しかし相手との関係性を表す言葉であるため、どのような使い方になるか知っておくことが必要です。

「敵対関係」の意味とは

「敵対関係」はその言葉の通りその対象となるものと敵として相手にするか関係性を意味する言葉です。

多くの場合、敵対相手を不利益・マイナスになる対象として認識していると意味を持ちます。

しかし時にはライバルのようにいい意味での敵対関係という意味を持つこともあります。

そのため共通して敵として相手にすることには変わりありませんが、その相手は常に悪い対象ではありません。

「敵対関係」の言葉の使い方

「敵対関係」という言葉は自分ではなく相手に対して使われる機会が非常に多いです。

また個人に対して使うこともあれば、会社・学校・グループなど集団に対して使うこともあります。

しかし使うにあたり、使われた相手にとっては悪い意味で使われていると認識されるケースが多いです。

そのため使うことで関係性が悪くなる可能性もあります。

使う際、今後の関係性を考えるのであれば直接聞かれない・聞かれても問題ないニュアンスで使うといった配慮・注意が求められます。

「敵対関係」を使った例文

「敵対関係」という言葉は使い方次第でトラブルになりかねない言葉です。

そのような事態を避けるうえでも、例文を通じて適切な使い方とその解釈を紹介していきます。

「敵対関係」の例文1

「私は昔から〇〇とは運動や勉強で戦いあってきた。 お互いに勝敗は同じくらいで、もう何年も敵対関係が続いているよ」

この場合、〇〇とされる人物とは学校の中で運動・勉強等において勝負をしあってエイル状態が続いており、敵対関係と表現しています。

しかしそれはライバルであり続けられる仲の良さも表しているため、良い意味で用いられています。

「敵対関係」の例文2

「我が社はあの会社とは敵対関係にある。 もし何か情報があればすぐに教えてほしい」

この場合、敵対関係にある会社はライバル社となります。

しかしお互いに高めあうという関係性ではなく、自身の会社を脅かす存在という意味で用いられています。

「敵対関係」の例文3

「友人に『あのグループとは敵対関係なんだ。 だから話しかけられても無視して』と言われた」

この場合、 友人が所属するグループとそれに敵対するグループが存在しています。

かかわりを持たない敵対関係としてグループを扱っており、友人が自分のグループに取り入れようと敵対関係にあると伝えています。

「敵対関係」の英語と解釈

「敵対関係」を英語で表現する場合“hostile relations”と表現されます。

“hostile”は敵意・敵対・敵性といった意味合いを持ちます。

それに加えて関係性を表す“relations”が加わることで敵対関係という意味を持ちます。

「敵対関係」の類語や類義表現

「敵対関係」は日常の中にあふれています。

しかし時にはそのまま言葉にできないこともあり、類語・類義表現も存在しています。

場面に応じて使い分けるうえでもどのような言葉があるか、紹介していきます。

「宿敵」

「宿敵」は長期間にわたり敵として扱ってきた相手と言う意味を持ちます。

敵対するという意味では同じとなりますが、「敵対関係」には具体的な機関の意味はありません。

しかし関係性はある程度の期間を経て築かれるため、同じい意味合いを持つことになります。

「敵同士」

「敵同士」はお互いに敵対関係にあるという意味を持ちます。

「敵対関係」の意味では一方だけが認識している場合も適応します。

しかし「敵同士」ではお互いに認識しており、一方か療法かの違い以外は同じ意味のため類語として扱われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典