スポンサーリンク

「断然」と「俄然」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「断然」と「俄然」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「断然」「俄然」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「断然」とは?

「断然」「だんぜん」と読みます。

「断」は音読みで「ダン」、訓読みで「たつ」「ことわる」と読みます。

「断」の字には、「思いきって」「きっと」「かならず」という意味があります。

「然」は音読みで「ゼン」「ネン」、訓読みで「しかり」「しかし」「しかも」「もえる」という意味があります。

「然」の字には、「しかり」「そのとおり」といった意味を持っています。

「断」「然」の2文字で構成される「断然」には、次の3つの意味があります。

1つは「きっぱりと心を決めるさま」という意味です。

「私は断然反対だ」というような使い方をします。

もう1つは「(あとに打消しの語を伴って)決して」「絶対に」という意味です。

これは「断然認めない」といった使い方が一般的です。

そして最後は、「ずばぬけて」「なみはずれて」という意味です。

「断然彼がトップだ」というような使い方です。

「俄然」とは?

「俄然」「がぜん」と読みます。

「俄」は音読みで「ガ」と読み、訓読みでは「にわか」と読みます。

「俄」という字には「物事が急に起こるさま」「突然」という意味を持っています。

「然」は前述したとおりの読み方で、意味も前述したとおり「しかり」「そのとおり」です。

「俄」「然」の2文字で構成された「俄然」には、2つ意味があります。

1つは副詞として活用する場合で、「だしぬけに」「急に」「突然に」という意味になります。

「俄然やる気が湧いてきた」という使い方をします。

そしてもう1つは形容動詞として活用する場合で、「にわかなさま」「だしぬけなさま」「突然なさま」という意味があります。

「俄然として周りの風景は変わった」という使い方になります。

「断然」と「俄然」の違い

「断然」「俄然」それぞれの用語の違いはお分かりいただけたでしょうか。

「断然」「俄然」はとても似た言葉のように思ってしまいますが、実は意味がまったく異なります。

「断然」とは「きっぱりと心を決めるさま」で、強調を表す言葉です。

例えば「断然楽しみになってきた」とは「とても楽しみになってきた」ということです。

それに対して「俄然」とは「急に」という意味です。

前述した例で説明すると「俄然楽しみになってきた」とは「急に楽しみになってきた」という意味になります。

「断然」「俄然」はまったく別の意味になります。

「断然」の例文

・これは彼の小説の中で断然おもしろい。

・これはその2つの中で断然良い方だ。

・彼女はクラスの中で、断然歌がいちばんうまかった。

「俄然」の例文

・俄然強気になっている。

・梅雨が明けると俄然暑くなった。

・俄然面白くなった。

まとめ

以上が「断然」「俄然」の違いになります。

「断然」とは強調する表現。

「心を決めるさま」という意味になります。

「俄然」「急に」という意味になり、「断然」とはまったく別の意味の言葉だということがわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典