スポンサーリンク

「断言」と「断定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「断言」と「断定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「断言」「断定」には、どちらも「断」という漢字が使われていますが、2つの言葉に違いはあるのでしょうか。

この記事では、「断言」「断定」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「断言」とは?

「断言」には、確信をもってはっきりいい切るという意味があります。

確信とは、固く信じて疑わないことです。

「断言」が意味する確信とは、根拠に基づいたものです。

根拠もなく信じ切っているのではなく、しっかりした根拠があります。

「断言」の類語に「言い切る」があります。

「言い切る」には、はっきりと言うことという意味があり、意味は「断言」とほぼ同じです。

しかし、「断言」「言い切る」を比べると、「言い切る」の方が高い確信度があります。

「断」という漢字には、きざはし、切れ目、方法という意味があり、「言」という漢字には、いう、話す、のべるという意味があります。

「断言」には「言」という漢字が使われているので、口から発せられる言葉に関して使われます。

「断定」とは?

「断定」には、ものごとにはっきりとした判断を出すことという意味があります。

判断とは、ものごとの真偽や善悪を見極めて、それについて自分の考えを定めることです。

そのため、「断定」は何となく決めることではなく、真偽や善悪を見極めて上で、自分自身で考えて、ものごとを決めることという意味になります。

また、「断定」はこうであると決めつけることも意味しています。

「定」という漢字には、さだめる、さだまる、きまる、きめるという意味があります。

「断言」と「断定」の違い

「断言」は、はっきりと言い切ることです。

根拠をもとにしてはっきりと決めています。

「断定」は、はっきりと判断することです。

ものごとをよく見極めて判断をしています。

「断言」ははっきり「言う」こと、「断定」ははっきり「判断」することという点が異なります。

まとめ

2つの言葉は、どちらも「はっきり」という意味が含まれていますが、言い切ること、判断することという点が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典