スポンサーリンク

「新聞死」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新聞死」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新聞死」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「新聞死」とは?意味

「新聞死」は、新聞にて死が告げられることです。

つまり新聞の死亡欄という項目に有名人などが無くなったことを知らせる項目があり、そこに名前が載ることを「新聞死」と呼び、文字通り新聞が死亡を伝えるという物です。

こうした死亡欄については、戦争時においては、たくさんの方が戦争によって戦死したことを伝えており今現在においては有名人の方の死や遭難などで死亡した方を明記する項目として機能しています。

「新聞死」の概要

「新聞死」という言葉は不謹慎ながら、SNSで人気を得たワードの一つでドラマの主要人物が亡くなった際、ナレーションの他人物の死亡するシーンが生々しく放送されるなどがある中、とある人物のみ、新聞のみで死亡したことを伝えたが故、「新聞死」という単語が悪い意味で人気を得たのです。

よって、「新聞死」は、新聞の死亡欄に名前が載っただけのことを意味するだけのパワーワードになります。

その為、「新聞死」は、いわば新聞で死亡したことをドラマで発表する文字のみで対象が死亡したことを表現する一種の見せ方でもあります。

「新聞死」の言葉の使い方や使われ方

「新聞死」は、対象となる者が死亡したうえで、それを新聞でのみ伝えた場合、「新聞死」という言葉を使用します。

例を挙げれば、有名人などが死亡した際、何故か、ニュースには上がらないが、新聞でそのことを伝えた場合、「新聞死」で死去を知ったとなるのです。

「新聞死」を使った例文

・『新聞死は主に有名人が一面を飾る』
この例は、「新聞死」という新聞でのみ死亡を伝えることは、有名人であれば一面を飾るという例になります。

逆を返せば、一般人や著名人は新聞の項目に置いては、死亡が確認されていて公表してもあまり大きく一面を飾らないということです。

・『新聞死と言うが、これは単なるニュースでしかない』
この例は、有名人や著名人の他政治家などが死亡した場合、新聞にその記事が載りますがそれは単にニュースでしかないという例です。

というのも、「新聞死」は、新聞で死亡を伝えるためいわば有名人の死去であればニュースに過ぎないということになります。

まとめ

「新聞死」は、実のところパワーワードなんですが、まったくと言ってよいほど話題になりませんでした。

一時的にSNSで見られたパワーワードだったのですが内容が死亡を扱うということであるが故、不謹慎になり話題になる前に消滅してしまったのが「新聞死」です。

これは、ドラマの主要人物の死去をナレーションではなく紙面で発表したが故、話題になっただけで当時は、ナレーションですら死亡したことを発表してくれないということで話題になりましたが、ただそれだけのことでした。

よって、「新聞死」は一応意味においては、新聞に死亡したという事実が記載されるというだけの意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典