スポンサーリンク

「方案」と「方法」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「方案」と「方法」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「方案」「方法」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「方案」とは?

方案とは、ほうあんという読み方をすべき言葉です。

漢字で表記されたこの言葉を見れば直ぐに気付く事ですが、やりかたとかある範囲の地域といった意味を持っている方の漢字に、考えるとか考えた内容、計画といった意味を有する案の漢字を組み合わせる事により成立している言葉となっています。

だからこそ方案は、やり方についての考えや考え出したやり方といった意味を表すのです。

「方案」の使い方

方案は、やり方そのものではなく、やり方に関する考えといった意味合いを持っている言葉となっています。

とはいえ日常会話の中では余り使用されない言葉であるため、馴染みがないという人が多いです。

文字通り、方法に関する案という少しややこしい表現であるので、ほうあんという言葉だけを聞くと、法案という言葉の方をイメージしてしまう人が少なくありません。

「方法」とは?

方法とは、ほうほうという読み方をする言葉となっています。

文字で書かれたこの言葉を目にすれば直ぐに理解出来る事ですが、行いかたややりかたといった意味の方の文字に、ある決まったやり方や一定の手順、おきてや定めといった意味を有する法の文字を加える事で誕生した言葉です。

そのため方法は、目標を達成するための手段や目的を遂げるためのやり方といった意味を表します。

「方法」の使い方

方法は、目的を達するためのやり方や手段、という意味合いで使われる事が多い言葉です。

具体的には、支払い方法という表現を用いる事で、代金を支払うためのやり方、という意味を表す事が出来ます。

同じ様に、販売方法、という表現であれば、販売のやり方という意味を示す事が可能です。

この様に方法というのはかなり一般的な言葉なので、日常的に見聞きする事が珍しくなく、多くの人にとって馴染みがある言葉と言えます。

「方案」と「方法」の違い

方案と方法の文字を見比べれば、2文字目が案と法という明らかな違いがある事を見付け出す事が可能です。

ですが最初の文字が同じ方の文字であり、表す意味合いも少しややこしい部分がある組み合わせの言葉となっています。

ただし方案は、やり方や方法に関する考えや考え出した方法といった意味を表す言葉で、少しややこしい意味合いを持つ言葉です。

一方の方法は、ある目的を達成するためのやり方という比較的シンプルな意味を表現する言葉となっています。

「方案」の例文

・『公衆にとって最善と言える方案を求めるべきです』

「方法」の例文

・『支払い方法はクレジットカード払いや銀行振込等、複数用意されています』
・『チームを強くするには、練習方法を見直すべきです』

まとめ

2つの言葉は最初に同じ方の漢字が付くものの、2文字目は案と法という明確な漢字の違いがあるのです。

お陰で表す意味合いも違っているので、その点をきちんと理解する事が大事だったりします。

ちなみに方案は、方法に関する考えといった意味を持つ言葉です。

対する方法は、とある目的を達成するために用いるやり方という意味を示します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典