スポンサーリンク

「施策」と「政策」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「施策」と「政策」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

行政の言葉には、頭を悩ませる単語もあります。

この記事では、「施策」「政策」の違いを分かりやすく説明していきます。

難しい語句をすっきり学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「施策」とは?

施策(しさく)とは、具体的な事業につながる、大まかな枠組みのこと。

政策を実行するための、具体的なテーマのことです。

施策は「策をほどこす」と書きます。

「ほどこす」とは、効果があらわれるように行動をおこなうこと。

策はプランや計画のことなので「計画を推し進めるための計画書」が施策になります。

施策は政策をより細かく進めたもので「事業」を決める前段階として描かれることが多いです。

たとえば「環境にやさしい街づくり」が政策であったとします。

この政策を実現させるための策が施策です。

そのため「環境対策を進める」「環境負荷の少ない生活」などが施策となります。

そして施策をここからさらに、一歩進めたものが事業になります。

事業につながる、中テーマが施策です。

「政策」とは?

政策(せいさく)とは、政治の方針のこと。

政府や自治体などが考える、トップの考えのことです。

どのような社会を作っていきたいのか、方向性を示したものになります。

政策の「政」には、社会を正しくおさめるという訳があります。

つまり国家や社会が健やかに回っていくように、考えついたアイデアが「政策」

今の社会をどう変えていきたいのか、あらわした考えになります。

政府や自治体ではこうしたトップが出した「政策」に基づいて、具体的な事業を進めていきます。

「右に進むのか、左に進むのか」方向性を教える、柱が政策です。

意味のある政策をつくるためには、まずは「どんな問題が起こっているのか」現状を見つめることも重要です。

困っている問題を解決することが政策なので、ただのパフォーマンスにならないように、厳重にかじ取りをすることが大切になります。

「施策」と「政策」の違い

どちらも「策」が付いているので、同じような言葉に思えます。

「施策」「政策」の違いを、分かりやすく解説します。

・政策を進めたものが施策
ピラミッドに例えると、トップの部分にあるのが政策。

政策の下にあるのが施策になります。

そして施策をさらに深く推し進めたものが、事業になります。

政策は問題を解決するための、大きなテーマのこと。

現場では政策に基づいて、政策を実行するための「施策」を決めます。

そして施策を実現させるために、生まれるものが「事業」です。

国や自治体が進むべき方向性を決めたものが政策。

政策を迷いなくおこなうためのテーマが施策です。

まとめ

「施策」「政策」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも政治にまつわる言葉です。

政策は問題を解決するための、解決策のこと。

政府が定めた、大きな基本方針です。

そして政策を実現するための手段が施策になります。

施策をさらに深く進めたものが事業になります。

いずれも世の中を整えるためにおこなわれるもの。

単なるパフォーマンスに留まらないように、注意深く見守りたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典