「旅館」と「ホテル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「旅館」と「ホテル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「旅館」「ホテル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「旅館」とは?

「旅館(りょかん)」とは、「旅館業法における旅館営業を行い、主に和式の構造・設備(畳の和室)・備品(敷布団)を備えている宿泊施設」のことです。

「旅館」は旅館業法の規定で、「客室が5室以上・和室の床面積は7㎡以上」と定められています。

「旅館」にも建設作業員向けのビジネス旅館などの例外はありますが、基本的に「観光・行楽・温泉・静養などを目的とするお客が多い」という傾向があります。

「ホテル」とは?

「ホテル」とは、「旅館業法におけるホテル営業を行い、主に洋式の構造・設備(フローリングやカーペットの洋室)・備品(ベッド)を備えている宿泊施設」のことです。

「ホテル」は旅館業法の規定で、「客室が10室以上・和室の床面積は9㎡以上」と定められています。

「ホテル」「観光・行楽などを目的とする宿泊」だけではなく、「ビジネス・出張による宿泊」も多くなっています。

「ホテル」には、「シティーホテル・ビジネスホテル・リゾートホテル(観光ホテル)・ラブホテル(ブティックホテル)」などのいろいろな分類があります。

「旅館」と「ホテル」の違い!

「旅館」「ホテル」の違いを、分かりやすく解説します。

「旅館」「ホテル」「旅館業法の規定・規制を満たしている宿泊施設」ということでは共通していますが、「旅館」「部屋・構造・設備(備品)は和式のものが多い特徴」があり、「ホテル」「部屋・構造・設備(備品)は洋式のものが多い特徴」がある違いがあります。

旅館業法の規定では、「旅館」「客室が5室以上・和室の床面積は7㎡以上」「ホテル」「客室が10室以上・和室の床面積は9㎡以上」であるという違いも見られます。

端的には、「旅館」「和室・畳の部屋に敷布団を敷いて寝るスタイル」が多く、「ホテル」「和室・カーペット(フローリング)の部屋にあるベッドで寝るスタイル」が多くなっています。

また「旅館」「大浴場・公衆浴場が多くて客室に専用の内風呂がないことが多い」のですが、「ホテル」のほうは「大浴場がなくて客室に専用のバスルーム(シャワールーム)があることが多い」という違いも指摘できます。

まとめ

「旅館」「ホテル」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「旅館」とは「主に和式の構造・設備を備えた宿泊施設(客室は5室以上で和室の床面積は7㎡以上)」を意味していて、「ホテル」「主に洋式の構造・設備を備えた宿泊施設(客室は10室以上で洋室の床面積は9㎡以上)」を意味している違いがあります。

「旅館」「ホテル」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典