スポンサーリンク

「日常茶飯」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日常茶飯」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日常茶飯」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「日常茶飯」とは?意味

「日常茶飯」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「日常茶飯」「日常」は、「日々の出来事」を意味します。

一方で「茶飯」という言葉には「毎日の食事やお茶のこと」という意味があります。

このように、「日常茶飯」には、毎日、食事をしたり、お茶を飲むような当たり前のことという意味があるため、「日々のごく平凡なこと」という意味があります。

また、ご飯を食べることやお茶を飲むことは、当たり前のことなので、特筆するような出来事ではないでしょう。

そのため、「取るに足らないこと」を意味することもあります。

「日常茶飯」の概要

「日常茶飯」には、「日々繰り返されるような、ごく平凡なこと」を意味します。

同時に「平凡で、取るに足らないこと」を意味することになります。

誰でも二食から三食のご飯を食べ、一リットルから二リットル程度の水分を摂取するでしょう。

このような背景から、ご飯を食べたりお茶を飲むことは、人にとってごく平凡なことで、取り立てて騒ぐようなことではないことを意味します。

その人にとって、本当に普通の出来事で、特筆するようなことではないという意味を込めたいときに、「日常茶飯」という言葉を使うことになります。

「事」を付けて、「日常茶飯事」という言い回しをすることもあります。

「日常茶飯」の言葉の使い方や使われ方

「日常茶飯」という言葉は、ごく当たり前のこと、平凡なこと、ありふれたことだと強調したいときに使われます。

例えば、「腕立て100回」が、ある人にとっては特別なことかもしれません。

しかし、ある人にとっては、毎日の日課で、平凡でありふれたことかもしれません。

後者が腕立て伏せについて説明するとき、「腕立て100回は、日常茶飯だよ」などと言います。

また、都会に住んでいる人が、観光地で目にする風景は、感動的で、思い出に残るものかもしれません。

しかし、観光地で暮らしている人にとって見れば、毎日見ている当たり前の風景になります。

このような時、「日常茶飯の見慣れた風景」などと表現することになります。

「日常茶飯」の類語や言いかえ

日常茶飯の類語として、「家常茶飯」という言葉があります。

「かじょうさはん」と読みます。

「家常茶飯」には「普段食べている食事」という意味があります。

そのため、「ありふれたこと」「平凡なこと」という意味があります。

例えば、お金持ちの家で毎食食べられている料理は、庶民から見れば特別な料理に見えるでしょう。

しかしお金持ちからすれば「家常茶飯」となります。

まとめ

「日常茶飯」という言葉についてみてきました。

人にとっては特別な出来事でも、当事者にとっては当たり前で、ありふれたことかもしれません。

特別に見えることでも、平凡なことだと言いたいとき、「日常茶飯」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典