スポンサーリンク

「日本語でおk」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日本語でおk」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日本語でおk」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「日本語でおk」の意味

「日本語でおk」とは何を言っているかわからない人へ落ち着かせたり、小馬鹿にする為に使う言葉

「日本語でおk」の解説

「日本語でおk」とは、ネット上で難解な文章、支離滅裂な文章などを使う相手に対して、落ち着かせたり、小馬鹿にする時に使う言葉です。

この言葉は2ちゃんねるで生まれた言葉で、有名なネットスラングと言えるでしょう。

本来は、相手の言うことが理解できない時に使うのですが、読解力のない人が「自分が理解できないだけ」ということもあります。

このような場合は相手を小馬鹿にしたつもりが、自分が馬鹿だったという恥ずかしい状態を招きますので、ある程度読解力に自信がある人が使うようにしましょう。

「日本語でおk」の使われ方

「日本語でおk」とは相手が難解な文章を使ってきたり、意味不明な文章を送ってきたり、感情的になって何が言いたいのかわからないといった状況の時に、「何言ってるの」「落ち着け」といったニュアンスを込めて使います。

しかし相手が真面目に議論している場合は、馬鹿にされたと余計感情的にさせてしまうこともありますので、使い方には注意が必要です。

それではいくつか例を紹介しますので参考にしてみてください。

「ちょっと、そんな長文やめてよw、とりあえず日本語でおkだから」

「お前英語ばかり使って何が言いたいのかわからない、日本語でおk(苦笑)」

「覚えたばかりの専門用語使いたいのはわかるけどさ、今は日本語でおk」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典