スポンサーリンク

「日誌」と「日報」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日誌」と「日報」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日の行動や感じたことをまとめて記載しておく作業は、後々振り返る時や思考を整理する時に役立ちます。

例えば「日誌」「日報」は単純な感想である「日記」よりもさらに詳しい情報を記載するので、学業や仕事に対しても有効です。

この記事では、「日誌」「日報」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「日誌」とは?

「日誌」とはその日起きた出来事や行動、抱いた感想などをまとめたものであり、基本的に毎日記録するものです。

「日誌」「日記」のような感想を記録することもありますが、それ以上に後々振り返る際に便利な点や、将来的な資料にするために付けることも多いのが特徴です。

「日誌」は感想が主体である日記的な記述することもありますが、より重要視されるのは資料性であり客観的なデータや資料として扱われるのが特徴です。

客観的な点が重要視される他にも資料性としての特徴を持つために、「日誌」は時に他人と共有するために書かれることもあります。

「航海日誌」「業務日誌」などは一緒に働いている仲間に対して情報を共有するために書かれたものであり、有益な情報をシェアする目的で作られています。

「日報」とは?

「日報」とは日々の仕事や業務を報告するために作られた書類であり、常に上司や責任者に見せるという観点から作成されるのが特徴です。

「日報」の内容は進行中の仕事の進捗から、過去の失敗例や反省、改善策、質問や疑問など幅広いものがあります。

「日報」は主にビジネスシーンで使われることが多い言葉であり、特に仕事や業務の効率化を目指して作られるのが特徴です。

そのために主観的な感想などを記載するのは好ましくなく、より客観的な視点を用いて作成するのが望ましいとされています。

「日誌」と「日報」の違い

「日誌」は主観的な感想や客観的な情報の両方を記載することが可能です。

「日誌」はどちらかと言うと客観的な情報や記録の方が重要視されますが、両方とも仲間や他人に対して有益な情報を共有するという目的があります。

「日報」は上司や第三者に対して報告するために作られた書類であり、客観的な分析や情報、改善策など集団に対して貢献する内容が求められます。

「日誌」の例文

・『その古い航海日誌はオークションでとてつもない高値で落札された』
・『持ち回りで書く学級日誌は、個性が出ていてとても面白かった』

「日報」の例文

・『業務日報の書き方は社会人になってからしっかりと叩き込まれた』
・『日報も最近ではグループチャットで提出できるようになってとても便利になりました』

まとめ

「日誌」「日報」も情報を共有するという点は共通しています。

「日誌」は情報を共有するという点が重要視されますが、「日報」は報告するという点が重要視されており集団や会社に対して貢献するという目的や、改善策などを書くことが求められます。

2つとも客観的な視点を持って記述することが大切であり、社会人として働く際には学ぶべきスキルとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典