「早計」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「早計」

早計というのは「そうけい」と読み、早まった考えや判断をしてしまうことを指しています。

軽はずみな言動をしたり、よく考えることなく行動してしまったりすることを指しているのです。

ネガティブな意味合いで使われることが多く、人をけなすことにもなりかねませんので使う相手には注意が必要です。

「早計」の意味

早計という言葉は軽はずみな判断や言動を指しているため、例えばいささか早計と言えば少しばかり早まった考え方や判断という意味になります。

早計という表現を強調する時、早計に失すると表現することもできます。

これはあまりにも軽はずみな判断や言動をしてしまうことにより、調子を失う事を指しています。

「早計」の言葉の使い方

早計という言葉は話し言葉ではなく、文語で使われることが多い表現です。

類義語には気が短くせっかちである性急、考えが浅い浅慮、大まかな計画である愚計などが挙げられます。

「早計」を使った例文・短文(解釈)

それならば、早計という言葉を使った分にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここではこの言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「早計」の例文1

「この経済政策は非常に早計であり、思ったような結果が出なくても当たり前である」

最近はとにかく経済が不調ですよね。

第二次世界大戦が終わった後、日本は経済的に大きく発展し、世界第二の経済大国となりました。

しかしそんな日本の経済も最近は崩れつつあり、年金がどうなるかもわからない時代になっています。

だからこそ、政府が様々な経済政策を行っていますが、あまりうまくいっていないのが現状です。

これはあくまでも例えですが、政府が軽はずみな経済政策を行った場合、それは経済政策が早計であったと表現することができます。

「早計」の例文2

「試験が終わった後、見直しをすることなく回答用紙を提出してしまったのは早計な判断だよ」

入試や英検など、学校以外でも様々な試験を受けることがありますよね。

時間内に問題を解き終えてしまい、時間を持て余してしまったという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

しかし、早く問題を解き終わったのであればしっかりと見直しをしたいものです。

見直しをすることなく早々に回答用紙を提出してしまえば、もしかしたら間違いに気づかないかもしれませんし、そもそも回答していない問題があってもわかりません。

もったいない損をしないように、試験を受けた場合はしっかりと見直しをしてから回答用紙を提出したいものです。

「早計」の例文3

「もうすぐで航空券が安く販売される時期になるにもかかわらず、父はさっさと航空券を購入してしまった、まさに早計な判断だ」

旅行などに行くにはオフシーズンというものがあります。

このシーズンに行くと航空券がとても安くなりますよね。

また、時期によってはキャンペーン等が行われており、割引で航空券を購入することも可能です。

もしももうすぐそのようなキャンペーンが行われるという状態なのにも関わらず、家族が航空券を買ってしまったらもったいないと思うこともあるかもしれません。

もう少し待っていれば、もう少し周りの人の助言を聞いていれば、かなり安い値段で航空券が購入できたということもあるかもしれませんね。

「早計」の例文4

「様子をしっかりと見ることなく真夜中に救急車を呼んでしまった判断は本当に早計だった」

真夜中に子供の体調が悪くなったりするととにかく不安になりますよね。

しかし、だからといって簡単に救急車を呼べば良いというものではありません。

やはり救急車はそれなりに事情がなければ呼ぶことができないものですから、朝まで待てるかどうか、朝早く病院に行けば間に合うのではないかどうか、しっかりと考えなければいけません。

もちろん、大切な子供が夜中に病気などになれば救急車を呼びたいと感じる親の気持ちは非常によくわかります。

しかし、中には救急車を呼んでしまったために医者から怒られたというショッキングな経験をする人もいます。

後から反省しなくて良いように、救急車を呼ぶべきか朝まで待つべきか、しっかり判断するようにしましょう。

また、真夜中でも医者と話ができるホットラインなども用意されていますので、不安な人はそのような電話番号を押さえておくと良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典