スポンサーリンク

「明日やろうは馬鹿野郎」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明日やろうは馬鹿野郎」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明日やろうは馬鹿野郎」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「明日やろうは馬鹿野郎」の意味

今やるべきことを先送りするなといういましめの意味。

「明日やろうは馬鹿野郎」の解説

「明日やろうは馬鹿野郎」は、「今すぐにできること、またはやるべきことを、先に延ばそうとする考え方をいましめる言葉」という意味です。

今すぐできるのにやっておかないと、明日にはもっと忙しくなってできなくなるかも知れません。

或いは、今すぐやらなかった為にチャンスを逃してしまい、大きな幸運を逃がしてしまうかも知れません。

いずれにしても自分にとって損になる可能性が高いのです。

その様な考え方に対して「愚か者」の意味で「馬鹿野郎」が使われています。

「明日やろう」「馬鹿野郎」「やろう」の韻を踏み、耳に馴染み易くしているのです。

「明日やろうは馬鹿野郎」の使われ方

「明日やろうは馬鹿野郎」は、日常やビジネスで中々やる気を起こさない人に対して使われます。

やるべきことがあるのに「明日にしよう」などと言って怠けている人に対し、「明日やろうは馬鹿野郎だよ」と 言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典