「星屑」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「星屑」

「星屑」という言葉は「ほしくず」と読みます。

この言葉に、とてもロマンチックなイメージを持っている人は多いでしょう。

「屑」という漢字は少し難しい漢字ですので、読み方が分からないという人も少なくないものです。

「星屑」の意味

「星屑」という言葉には、「無数の星」「散らばってキラキラと輝く沢山の星」という意味があります。

とても美しい光景が目に浮かぶ言葉ですが、「星屑」「屑」には、「役に立たないものや人」「残りカス」という意味があります。

「果汁を絞った屑」「糸屑」「パン屑」「屑米」「人間の屑」といったように、役に立たないもの、捨てるもの、といった残念なものを表す言葉です。

しかし、そんな「屑」「星」という漢字を合わせると、とても魅力のあるもの、きれいなもの、ロマンチックなもの、というイメージに変わるから不思議ですが、それが言葉の面白さでもあります。

「星屑」の言葉の使い方

「星屑」は、「夜空に輝く星屑」のように、無数の星が夜空で輝いている様子を表す時に使われる言葉です。

又、「星屑をちりばめたような」のように、沢山のものがキラキラと輝いている様子を星屑に例えて使われることもあります。

「君のために星屑を集めて指輪をつくった」という表現は、指輪にちりばめられた沢山の宝石を、夜空の星屑に例えたものです。

「昨日見たイルミネーションは、まるで星屑をちりばめたように綺麗だった」という表現は、無数のイルミネーションがキラキラ光る様子を、星屑が夜空でキラキラ光っている様子に例えたものです。

そんな「星屑」という言葉は、曲のタイトルや小説のタイトルなどにもよく使われています。

「星屑」を使った例文・短文(解釈)

「星屑」という言葉について説明をしてきましたが、ここでは「星屑」を使った例文をご紹介しましょう。

「星屑」の例文1

「先ほどまで数えきれないほどの星屑が美しく輝いていた空は、あっという間に厚い雲で覆われてしまいました」

この文章では、先ほどまで無数の星が輝く満天の星が見えていたのに、あっという間に厚い雲が流れてきて、星空を隠してしまいました、という状況を表現しています。

冬の晴れた日に、灯りの少ない場所まで星を見に来たのに、星空観賞をしている途中で雲が出てきてがっかりした、という経験がある人もいるのではないでしょうか。

星がきれいに見えるのは寒い時期ですが、満天の星を見ている間は、寒さを忘れてしまうものなのです。

「星屑」の例文2

「クリスマスが近づくと、星屑をちりばめたように街中がキラキラと輝きだします」

冬になると、あちらこちらにイルミネーションが設置されます。

人が集まる繁華街などは、街中がキラキラして、ワクワク楽しい気持ちになるものです。

毎年恒例となっている光景なので、街にイルミネーションが溢れ出すと、「もうすこしで一年が終わる」と、しみじみとした気持ちになる人もいるでしょう。

空気の澄んでいる冬は特にイルミネーションが美しく見える時期ですので、郊外のレジャースポットが人気のイルミネーションスポットになっている例も沢山あります。

「星屑」の例文3

「あの丘は、星屑をちりばめたような見事な夜景が見られることで有名になり、日が落ちると見物客で賑わいます」

この文章は、丘から見える、無数の光がキラキラ輝く美しい夜景が人気になり、暗くなると見物客が沢山訪れます、という意味になります。

高い所から、灯りが密集している街などを見下ろすと、まるで沢山の星がちりばめられているかのようなロマンチックな夜景を見ることができます。

そのような場所は、デートスポットの定番になっていることが多いものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典