スポンサーリンク

「時機を逸する」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「時機を逸する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「時機を逸する」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「時機を逸する」とは?意味

,物事を行なうのに適当な機会を失ってしまうことを指す言葉で「タイミングを失う」が近い言葉と言えます。

会合の時機を逸するという言葉では参加する人々の事情が良くなかったという意味合いになり、必ずしもひとつのものを指すとは限らないケースと言えます。

「時機を逸する」の概要

時機を逸してしまったということを指す言葉であるため、もっと良い可能性があったかもしれないということを思わせる部分のある言葉です。

ニュアンスとしては「もう遅い」という方向性もあり、タイミングが早すぎて時機を逸するということは現実には再調整できるため、あまり使いません。

売れる時機を逸するという言葉はゲームであれば大作ゲームが他に出ていないタイミングを逃した、かと言って年末商戦までは時間が空きすぎる、来年では陳腐化すると言った様々な要因が含まれています。

実際商売では前倒しをすることが容易ではないため、自在に販売タイミングを調節できるわけではなく、時機を逸することも有りえるでしょう。

また、想定以上の人気が出たため販売を休止せざるを得ない状況(ビールなどに多い)の場合も最も話題になっている時機を逸する事になってしまいます。

時機を逸するは過去を振り返って使うことも出来る言葉で、今考えると販売的に時機を逸するものだったなどという使い方ができます。

一方未来に対しては時機を逸することがないように注意すると言った警告の呼びかけでのみ使用ができます。

使用する状況による面も大きいですがどちらかと言うと文章で多く使われる言葉で、口語ではやや聞き取りづらさも有り、会話で使うシーンはかなり限られると言えるでしょう。

「時機を逸する」の言葉の使い方や使われ方

「時機を逸することなく発売日に発売できた」「販売の時機を逸する結果となり販売成績が思ったほどではないものになった」「時機を逸する内容のテレビ番組の再放送」「飲み会の時機を逸する」などの使い方があります。

時機を逸する単体ではネガティブな言葉と言えるもので、基本的には避けたい状況となっています。

また、ひどく時機を逸する、物凄く時機を逸するというような強調した使い方も可能です。

「時機を逸する」の類語や言いかえ

「時機がそれる」「時機を失う」「タイミングを逃す」「スケジュールがうまくいかない」「チャンスを逃す」「機会を損なう」などが言い換えの言葉として使うことが出来ます。

また、対義語としては機を見るに敏、機会を活かすなどの言葉が挙げられます。

まとめ

時機を逸するという言葉は物事を行うのに良い時機をのがしてしまうという意味合いの言葉で、できればしたくない、ネガティブな方向性の言葉となっています。

とはいえ現実には天候不良や災害などによっても時機は左右されることも有り、うまくいくだけでもありがたいという部分はあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典