「暴言」と「毒舌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「暴言」と「毒舌」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「暴言」「毒舌」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「暴言」とは?

「暴言(ぼうげん)」とは、「他人を傷つけたり差別(侮辱)したりする意図がある乱暴な言葉」を意味しています。

また「暴言」の表現は、「客観的な根拠がない上に、常識・礼儀に反している自己中心的(一方的)な物言い」という意味のニュアンスも持っています。

例えば、「暴言によってトラウマを負う人もいるのです」「議論で暴言が飛び交い収拾がつかなくなりました」といった例文で使えます。

「毒舌」とは?

「毒舌(どくぜつ)」とは、「世間や相手に遠慮することなく、辛辣(しんらつ)な口調で悪口・皮肉・批判を言うこと」を意味している言葉です。

「毒舌」という表現には、「相手を傷つけること自体が目的ではないが、相手や事実に関する率直・正直で遠慮のない批判・皮肉を言うこと」といった意味のニュアンスがあります。

「毒舌」「広義の悪口・非難」も含みますが、客観的な事実に基づく厳しい批判や痛烈な物言いを意味しているので、一定以上の「共感者」を生む特徴があります。

例えば、「あのコメンテイターは毒舌で知られています」「毒舌の中には鋭い社会批評も含まれています」などの文章で使用できます。

「暴言」と「毒舌」の違い!

「暴言」「毒舌」の違いを、分かりやすく解説します。

「暴言」「毒舌」はどちらも「広義の悪口に当たる発言をすること・相手が嫌がるような物言い」を意味している点では似ていますが、「暴言」というのは「相手を傷つけたり侮辱したりする意図がある暴力的な発言・言い方」を意味しています。

「暴言」に対して「毒舌」のほうは、「相手を傷つけること自体が目的ではないが、事実を中心とした辛辣な言及をしたり痛烈な批判をしたりすること」を意味している違いがあります。

また「暴言」「誰が聞いても不快な発言」ですが、「毒舌」のほうは「よく本当のことを言ってくれたと共感する人も少なからずいる発言」であるという違いも指摘できます。

まとめ

「暴言」「毒舌」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「暴言」とは「他人を傷つける意図がある乱暴な言葉」「客観的な根拠がなくて常識・礼儀に反している自己中心的な物言い」を意味していて、「毒舌」「他人を傷つけること自体が目的ではないが、相手や物事に対して厳しい物言い・皮肉な批判をすること」を意味している違いがあります。

「暴言」「毒舌」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典