「曲がる」と「曲げる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「曲がる」と「曲げる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「曲がる」「曲げる」の違いを分かりやすく説明していきます。

「曲がる」とは?

「曲がる(まがる)」とは、「まっすぐな物・平らな物が曲線状(弓形)に自然に変形すること」を意味している言葉です。

また「曲がる」には、「進行方向を右または左に変える・変わる」「性格(心)・価値観などが歪んだりねじれたりする」「向きが正しい方向とはずれる」などの意味合いもあります。

例えば、「交差点を左に曲がります」「彼の性格は曲がっています」「部品が曲がっていて使えません」などの例文で使われます。

「曲げる」とは?

「曲げる(まげる)」とは、「まっすぐな物・平らな物を意図的に曲線状(弓形)に変形させること」を意味している表現です。

「曲げる」という言葉には、「本来の考え・主張・希望などを無理に変えること」「傾斜させること」「道理や事実を意図的に歪めたり隠蔽したりすること」といった意味もあります。

例えば、「彼女は説得を受けて意見を曲げました」「疑問に感じて首を曲げました」「事実を曲げたニュースに価値はありません」などの文章で使用することが可能です。

「曲がる」と「曲げる」の違い!

「曲がる」「曲げる」の違いを、分かりやすく解説します。

「曲がる」「曲げる」「まっすぐなものが変形するという結果」は共通していますが、「曲がる」という言葉は「人為的ではなく自然にまっすぐなものが、弓形(S字形)に変形する」という意味のニュアンスがあります。

曲がるに対して「曲げる」のほうは、「意図的・人為的にまっすぐなものを弓形(S字形)に変形させる」というニュアンスがある違いを指摘できます。

また「曲げる」には「首などを傾ける」「元々の主義主張を無理やりに変える」といった、「曲がる」にはない意味を持っています。

反対に「曲がる」の言葉にも、「進む方向を右または左に変える(変わる)」「心や価値観が歪む」などの「曲げる」にはない意味があるのです。

まとめ

「曲がる」「曲げる」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「曲がる」とは「まっすぐな物・平らな物が曲線状に変形すること」「進行方向を右または左に変える」などを意味していて、「曲げる」「まっすぐな物・平らなものを曲線状に変形させること」「本来の考えを無理に変える」などを意味している違いがあります。

「曲がる」「曲げる」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典