「最期を迎える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「最期を迎える」とは?

「最期を迎える(さいごをむかえる)」という表現は、「臨終(死期)を迎えること・亡くなること・死ぬこと」を意味しています。

「最期(さいご)」「最後(さいご)」は読み方は同じですが、「最期」「命が終わる時・死期・死に際(しにぎわ)」を意味していて、「おわり・一番後」を意味する「最後」とは意味が異なっています。

「最期を迎える」というのは、「生命(寿命)を終えて死ぬこと・死に際(臨終の間際)にあること」を意味する表現なのです。

「最期を迎える」の表現の使い方

「最期を迎える」の表現の使い方は、「臨終を迎えて亡くなる時」「生命(寿命)が燃え尽きて死の間際(まぎわ)にある時」に使うという使い方になります。

「最期を迎える」という表現は、「人が亡くなる時」「人が亡くなりかけている臨終の間際」に使うことができる表現なのです。

例えば、「祖母は安らかな表情で眠るようにして最期を迎えました」「どのような形で最期を迎えることになるかを事前に完璧に予測することはできません」といった文章で、「最期を迎える」という表現を正しく使用することができます。

「最期を迎える」の英語と解釈

「最期を迎える」という言葉を英語で表現すると、“die”(死ぬ・亡くなる)や“take death”(死期を迎える・死を受け入れる)、“perish”(死ぬ・滅びる)、“come to an end, meet one’s end”(最期を迎える)などになります。

“My grandmother took death of lung cancer.”

この英語の例文は、「私の祖母は、肺がんで最期を迎えました」ということを意味していますい。

「最期を迎える」を使った例文と意味を解釈

「最期を迎える」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「最期を迎える」を使った例文1

「最期を迎える時くらいは、満足した安らかな気持ちのまま、大切な人たちに看取られて逝きたいものです」

この例文の意味は、「亡くなる臨終の時くらいは、満足した安らかな気持ちのまま、大切な人たちに看取られて逝きたいものだ」になります。

「最期を迎える」を使った例文2

「生前に家族を粗末にして生きてきた父は、寂しい最期を迎えることになりました」

この例文の意味は、「生前に家族を粗末にして生きてきた父は、寂しくその人生(生命)を終えることになった」になります。

「最期を迎える」の類語や類義語・言い換え

「最期を迎える」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

「死期を迎える・命が尽きる」

「最期を迎える」の類語・言い換えとして、「死期を迎える・命が尽きる」があります。

「最期を迎える」という言葉は、「死期を迎えて亡くなること」「生命・寿命が燃え尽きて死ぬこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「最期を迎える」の言葉は「死期を迎える・命が尽きる」という表現で言い換えることが可能なのです。

「臨終が迫る」

「最期を迎える」の類義語・言い換えとして、「臨終が迫る(りんじゅうがせまる)」があります。

「最期を迎える」という表現は、「生命が尽きて臨終・死の間際にあること」を意味しています。

その意味合いから、「最期を迎える」とほぼ同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「臨終が迫る」を指摘できます。

「亡くなる・死ぬ」

「最期を迎える」の類語・言い換えとして、「亡くなる・死ぬ」があります。

「最期を迎える」というのは、「命が終わって死ぬこと・臨終を迎えること」を意味しています。

その意味合いから、「最期を迎える」「亡くなる・死ぬ」という表現で言い換えられるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典