「最適化」と「デフラグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「最適化」と「デフラグ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「最適化」「デフラグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「最適化」とは?

「最適化(さいてきか)」とは、「パソコン(PC)のストレージ領域(外部記憶領域)の断片化(フラグメンテーション)を解消してPCの処理速度を改善することやその作業」を意味しているIT用語です。

PCを長期間使っているとバラバラに分割された空き領域が増えて、PCのファイルの読み込み速度が遅くなりますが、「最適化」して記憶領域と空き領域を連続させることでPCの処理速度が改善します。

Windows7まではソリッドステートドライブ(SSD)に保存されているデータの最適化をデフラグで行うと、書き込み回数が有限な「SSDの寿命」が短くなる副作用がありました。

しかし、Windows10からはSSDの最適化を「デフラグ(断片化を解消する書き込みの繰り返し)」ではなく「Trim(削除済データを完全削除する方法)」で行うようになったので、SSDを損傷させずにPCのファイル読み込み速度を改善できるようになりました。

「デフラグ」とは?

「デフラグ」とは、「パソコンのハードディスク(HDD)などのストレージ装置(外部記憶装置)のデータ記録領域を整理整頓して、ファイルの読み込みや書き込みの速度を改善すること」を意味しているIT用語です。

「デフラグ」というIT用語は、「ドライバーに保存された各ファイルの記憶領域・空き領域の断片化(フラグメンテーション)を解消してPCの処理速度を再び上げること」を意味しているのです。

「デフラグ」「最適化」とも呼ばれます。

「最適化」と「デフラグ」の違い!

「最適化」「デフラグ」の違いを、分かりやすく解説します。

「最適化」「デフラグ」「コンピューター(PC)のストレージ領域の断片化(フラグメンテーション)を解消して、PCの処理速度を改善することやその作業」を意味している点では同義語になります。

ただし「最適化」「デフラグ」よりも広い意味を持っていて、「プログラム・製品などが最もその機能を効率的に発揮できる状態に近づけて調整すること」を意味している違いがあります。

またWindows10(7以降)の「最適化」は、「SSDに対するデフラグではないTrim(削除済データの完全削除作業)」のことを意味している違いも指摘できます。

まとめ

「最適化」「デフラグ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「最適化」とは「関数・プログラム・製造物などを最適な状態に近づけること」「デフラグ」を意味していて、「デフラグ」「ハードディスクなど外部記憶装置のデータ記録領域を再配置して、各ファイルの記憶領域・空き領域の断片化を解消することでPCの処理速度を改善すること」を意味している違いがあります。

「最適化」「デフラグ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典