スポンサーリンク

「月並み程度」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「月並み程度」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「月並み程度」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「月並み程度」とは?意味

月並みという言葉が毎月恒例という意味合いから来た言葉で、そこから来て月並みという言葉はありふれていることや平凡なこと、普段と変わりがないこと、珍しさのないことを指しており、「程度」という言葉はその物事の置かれる位置を指していることから、月並み程度という言葉は月並みという言葉とほとんど意味はかわらず、普段と代わりのない程度とも意味を表すことができます。

月並みと月並み程度の違いに関しては意味を根本から変えるような効果はなく、「今月どう?」と聞かれて「月並み」「月並み程度」と答えた場合、若干柔らかい印象になって言葉として使いやすくなっているなどの効果が「程度」にはあります。

「月並み程度」の概要

基本的には現在までを振り返って使う言葉で、月並み程度の日々といっても人によって大きな違いがあるものととらえることもできますが、「週一回必ず旅行に行く人」などを平均的な「月並み程度」の日々ととらえることはなく、平均的、一般的というフィルターを掛けた上でなおかつ変わったところがない、珍しくないという状況を見た表現になるため、「毎日仕事、休みはどこにも行かず」あたりが多くの人々の会話で使える「月並み程度」の日々になるでしょう。

「週一回必ず旅行に行く人」であってもそういったグループの中では週一回旅行に行ったことが「月並み程度の日々」として会話に使うこともできます。

「月並み程度」の言葉の使い方や使われ方

変化はないものの仕事や日常を続けることができているというややポジティブな意味となる「月並み程度にはやっている」休日に何もできなかったという意味合いを含みネガティブな意味合いになる「結局月並み程度な休日を過ごしてしまった」などの使い方があります。

よほどネガティブで忙しい日々を過ごした後であれば「今週は月並み程度」であってもポジティブな意味にはなりえます。

「月並み程度」の類語や言いかえ

「普段と変わりがない」「いつもどおり」「変わり映えのない」「恒例のような」「変化がない」「目立ったところがない」「パッとしない」「珍しくない」「日常的な」「ルーチンワーク的な」などが「月並み程度」の言い換えとしては使える言葉となっています。

もともと月並み程度という言葉自体が人生で最も幸福な瞬間などとは異なり普通であることを良くも悪くもとらえていることから言葉としての華やかさなどを「月並み程度」の言い換えに求めるのは難しいでしょう。

まとめ

月並み程度という言葉は平均的、珍しさのなさ、変わりのなさを取り上げた言葉で、使い方によっては日常こそ幸せであると言ったような良い意味にも退屈という言葉の延長線上にあるような悪い意味にも取れますが、普段と変わらないという意味合いから、極端に悪い意味にはなりにくいという特性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典