「有意義な経験」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「有意義な経験」について

人は生活を送る中で様々な経験を重ねていきます。

その中にはその人にとって非常に重要・価値のある経験を得ることもあります。

そのようなときに「有意義な経験」と表現されることがあります。

「有意義な経験」の意味とは

「有意義な経験」の意味にあたり、「有意義」とはその内容に対して充実さや満足感などを感じることが出来る出来事・時間のことを意味します。

また「有意義」はその人にとっては重要でも他者にとってはそうではないこともあります。

そのため話し手にとって「有意義」と感じており、その人にとってその経験価値・重きが置かれるものとなります。

またその「有意義」となるものを得ることが出来るような「体験」となるため、その人にとって重要・価値や中身のある経験を意味します。

「有意義な経験」の言葉の使い方

「有意義な経験」という言葉は日常の中でも使う機会があります。

使う際には「有意義な経験をした」のように経験することに対してその重要性や価値を伝える際に用いられます。

また経験の対象は過去に経験したことに対しての感想・これから経験することへの予測と時期を問わず適応します。

しかし「有意義」かどうかは同じ経験でも人によって異なるため、一意見として用いることが求められます。

「有意義な経験」を使った例文

「有意義な経験」とは様々な場面で用いられる言葉です。

しかし価値のある経験を伝える言葉となるため、注意も必要です。

実際に使う際、どのような使い方になるか、例文とその解釈を紹介します。

「有意義な経験」の例文1

「私はこれまでいろんなことを経験したが、今回のことはとても有意義な経験となった」

この場合、話し手はこれまでにたくさんのことを経験しており、今回の経験との比較で用いられています。

これまでの経験以上にとても「有意義」と感じる経験となったと伝えています。

「有意義な経験」の例文2

「後輩に『今は大変だけど、この仕事は君にとってとても有意義な経験になると思うよ』と伝えた」

ここでは後輩へのアドバイスとして用いられています。

後輩は大変と感じる仕事を担当しているが、それが今後にとても為になる経験だと伝えています。

そのため今ではなくこれから先を見据えた時の「有意義な経験」としています。

「有意義な経験」の例文3

「私はいつも経験しているときは大変だとしか思わない。でもしばらくして振り返ったときに有意義な経験だったと気づくことが多い」

この場合、過去の経験を振り返ったときにその重要性・価値に気づくとしています。

何かを経験しているときはただ大変としか感じていないが、余裕を持って振り返ったときにそれが「有意義な経験」だったと認識することが多いと伝えています。

「有意義な経験」の英語と解釈

「有意義な経験」はその解釈によって英語での表現も変改していきます。

最も直訳にすると“meaningful experience”となります。

“meaningful”には意味深い・重要といった意味を持ち「有意義」と同義として扱われています。

そして“experience”には経験を意味します。

そのためその二つが合わさることで「有意義な経験」とされます。

他にも「有意義な経験」をポジティブな捉え方で表現する場合は“great time”“wonderful time”“really good time”といった表現となります。

共通していることはより強調した表現となります。

「有意義な経験」の類語や類義表現

「有意義な経験」は様々な類語・類義表現が存在します。

どのようなものがあるか例を紹介していきます。

「充実した時間」

「有意義」は物事において価値や重要性を表しており、それを「充実」と捉えています。

そしてその「充実」を経験していることの時間を過ごすと表現するため、類義表現とされています。

「有益な体験」

「有益」とはその対象が利益・ためになるといった意味を持ち、重要性を表すため「有意義」と同じ意味合いを持ちます。

それを「体験」するとなるため、類義表現として使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典