スポンサーリンク

「有意義に過ごす」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「有意義に過ごす」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「有意義に過ごす」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「有意義に過ごす」とは?意味

行為や物事など、それが行われ、また、存在するにふさわしい積極的またはすぐれた価値という意味が意義という言葉にはあり、「有意義に過ごす」とは意味や価値がある時間を過ごすことを指す言葉で、具体的にはやりたいことができた日や時間、目標を達成できた日や時間、努力や心がけだけではなく運が良かった日や時間などが有意義に過ごす例と言えます。

日常がある程度充実していた場合は日常になにか追加して意義のあることがあった場合を指して「有意義に過ごす」と言います。

逆の意味合いとしては「平凡に過ごす」「無意味な時間を過ごす」等が挙げられます。

「有意義に過ごす」の概要

「有意義に過ごす」という言葉は目的として「明日こそは有意義に過ごす」という使い方がありますが、多くは過去形で「昨日は映画を見るなど有意義に過ごせた」「仕事で結果を出せて有意義な一日だった」「競馬で当ててそのお金で有意義に過ごした」など振り返って使います。

一日だけに限らず、短期集中講座や自動車の教習、新たに仕事を始めた一年などを通じて「有意義に過ごす」範囲を一年などの長期間にすることもできます。

逆に短くすることは限界がありますが、やりたいことをする、結果を出すということを定義に含めた場合、「行列して食べたかったラーメンを食べて有意義に過ごす」という数時間以下に収まる言葉や「スクラッチくじを当てて有意義な数分間を過ごす」という使い方もできなくはないでしょう。

ただしあまりに短い時間になると運の要素が多分に含まれるため実際の使用例として非常に少なくなることと、運が良かったことを表現のメインにすることが一般的とは言えます。

「有意義に過ごす」の言葉の使い方や使われ方

「夏休みを有意義に過ごす」「入社初日を有意義に過ごす」などの使い方があり、ポジティブな意味合いになります。

また、昨年の同じ状況など、比較対象となるものがあるケースもあります。

他人からは「休みを有意義に過ごすように」という目標の呼びかけで使うことができます。

「有意義に過ごしたな」と評価も可能です。

「有意義に過ごす」の類語や言いかえ

「いい時間を過ごす」「時間を有効に使う」「楽しい日々を送る」などが言い換えとして使われる言葉で、どれもポジティブな意味合いを持った言葉です。

ただし、「意義」というレベルまでの言い換えは難しくなっており、「楽しい」「いい」「有効」あたりが「意義」という言葉の言い換えとなっています。

まとめ

「有意義に過ごす」にはいい仕事をする、目的を果たす、楽しい時間を過ごすなどの意味合いを含んだ言葉で、結果として振り返って使うことが多くなっています。

目標がゆっくり休むことであればゆっくり何もしないで休めた一日を「有意義に過ごす」一日ということもできるでしょう。

目的があるのに何もできなかった時間は逆の意味である「無意味な時間を過ごす」にあたります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典