「有酸素運動」と「無酸素運動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「有酸素運動」と「無酸素運動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運動には、「有酸素運動」「無酸素運動」があります。

この記事では、「有酸素運動」「無酸素運動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「有酸素運動」とは?

「有酸素運動」とは、酸素を使って糖や脂肪をエネルギーに変えて、筋肉を動かす運動のことです。

軽度から中程度の負荷をかけて、継続的に行います。

無理なく長時間続けられる運動が「有酸素運動」に当てはまり、代表的なものには、ウォーキング、水泳、ランニング、縄跳びなどがあります。

「有酸素運動」には、脂肪を減らす働きが期待できます。

内臓脂肪からはアディポサイトカインという物質が分泌されており、この物質によって高血圧や高血糖などになりやすくなります。

「有酸素運動」によって脂肪が減ることで、高血圧や高血糖の予防も期待できます。

「無酸素運動」とは?

「無酸素運動」とは、酸素を使わずに糖をエネルギーに変えて筋肉を動かす運動のことです。

瞬発力を必要とするような短時間行う運動が当てはまります。

代表的な「無酸素運動」には、筋肉トレーニング、短距離走、投てきなどがあります。

「無酸素運動」は筋肉を鍛える運動です。

「有酸素運動」と「無酸素運動」の違い

2つの違いは、エネルギーを得るために酸素をつかうのかという点です。

「有酸素運動」は酸素を使う運動、「無酸素運動」は酸素を使わない運動です。

まとめ

酸素を使う、使わないという点が異なる運動で、運動することによって得られる効果も異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典