「期限」と「締切」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「期限」と「締切」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「期限」「締切」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「期限」とは?

「期限(きげん)」とは、「物事の開始日から締め切り日に至るまでの連続した期間」を意味している言葉です。

「期限」は一般的に「○月○日から○月○日まで」といった形で表示され、「有効期限・消費期限・納付期限」などの言葉で使われます。

一方、「期限」「締切」と同じように「仕事・申請などをやり終えなければならない最終日時」の意味も持っています。

「締切」とは?

「締切(しめきり)」とは、「仕事や申請などを受け付けている最終的な日時」を意味している言葉です。

「締切」の表現には、「この最終日時を過ぎると仕事・申請を受け付けてもらえない、あるいは何らかのペナルティがある」といったニュアンスがあります。

「締切」というのは、「その時までに仕事・申請・成果物などを完了させなければならない最終日時」を示しているのです。

「期限」と「締切」の違い!

「期限」「締切」の違いを、分かりやすく解説します。

「期限」「締切」はどちらも「何かを仕上げなければならない期間と関係している言葉」ですが、「期限」というのは「この時までにしなければならないと事前に定められた連続した期間」のことを意味しています。

「期限」に対して「締切」というのは、「仕事や申請などを受け付けする最終的な日時・この最終日時を過ぎると受け付けてもらえないかペナルティがあるもの」を意味している違いがあります。

また「期限」には「やるかやらないかは本人次第」のニュアンスもあるのに対して、「締切」のほうは「その日時までに仕上げなければならない仕事・作品」といったニュアンスがある違いも指摘できます。

まとめ

「期限」「締切」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「期限」とは「開始日から締め切り日に至るまでの連続した期間」を意味していて、「締切」「仕事・成果物などをその時までに完了させなければならない時点」を意味している違いがあります。

「期限」「締切」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典