スポンサーリンク

「木を隠すなら森の中」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「木を隠すなら森の中」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「木を隠すなら森の中」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「木を隠すなら森の中」とは?意味

「木を隠すなら森の中」は、日本語による慣用的な物の例えで、物を隠す場合、似ている物中に隠すことが望ましいという一種の表現方法です。

この言葉は、馴れ親しんでいるたとえ話で使用するが故、日本の場合、たとえ話による一つの物事の表現法になります。

「木を隠すなら森の中」の概要

「木を隠すなら森の中」は実は、日本語の慣れ親しんだ言葉になる以前から存在しており、元ネタという物があります。

これは、イギリスの小説に元ネタがあり、小説を翻訳した場合、葉っぱを隠すのであれば、森の中に隠すという言葉があり、この言葉がきっかけに1900年代において日本で何かを隠すにはその物が存在する場所に隠すのが望ましいというたとえ話となり、今現在においてはことわざとして使用されているのです。

「木を隠すなら森の中」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、ことわざとして使用し、大切なものを隠すにはその物が存在する場所に紛れ込ませるという意味の例えで使用します。

「木を隠すなら森の中」を使った例文

・『木を隠すなら森の中と言うが、なんで隠す場所が財布なんだろう?ありがちじゃあない?』
この例は、大切なものを隠すには、その物が存在する場所に隠すという意味でそれが指し示す場所が財布だという例です。

つまり、財布に貴重品を入れるという点が安直過ぎませんかと説いている例になります。

・『木を隠すなら森の中というが、どこにしまったのか分からない』
この例は、大切なものを隠すために巧妙に大切な物が存在する場所に隠したのは良いが目印がないが故、どこに隠したかわからなくなったという例です。

こういったケースでは、大切なものを隠すうえで、目印を決めておくことが重要で、似たような場所に物を隠す場合、目印がないと周囲が同じに見えるが故大切なものは2度と手元に戻らないことが多いです。

・『木を隠すなら森の中と言うが、まさかキャビアを密輸するためにサケにキャビアを詰めるなんて。』
この例は、キャビアというチョウザメの卵の塩漬けを密輸するためにサケという魚に入れて密輸した例で要は魚の卵を別の魚に詰めて密輸したという例です。

事実、キャビアは希少なチョウザメの卵であるが故、高級食材であることから乱獲ということもあり、別の魚の中に入れて密輸することもあります。

まとめ

「木を隠すなら森の中」という言葉は、事実を述べていますが、問題はこの後が結構問題になることが多く、秘密=大切なものであるとは限らないことです。

秘密=犯罪で利益を得ることの場合、「木を隠すなら森の中」はキャビアのように不正に物を輸出する手段として別の魚の卵であるかのように装い持ち込むことであるのです。

その為、「木を隠すなら森の中」は良い意味では、大切なものを隠す方法を指しますが、悪い意味では犯罪の方法の一つであるとも言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典