スポンサーリンク

「木炭」と「石炭」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「木炭」と「石炭」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「木炭」「石炭」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「木炭」とは?

「木炭(もくたん)」とは、「木材を無酸素状態で時間をかけて焼いて炭にした炭素を多く含有する燃料」のことです。

「木炭」というのは、歳月の経過と地熱などで自然にできた化石燃料ではなく、「木材をゆっくり蒸し焼きにして人工的に生産される燃料」なのです。

有名な火力の強い「木炭」として「備長炭(びんちょうたん)」などが知られますが、「木炭」「固体の表面だけが燃焼する表面燃焼」によって燃える性質を持っています。

「石炭」とは?

「石炭(せきたん)」とは、「数百万年以上かけて自然に炭化した植物・動物の死骸(植物質)から形成された可燃性の黒色・暗褐色の炭素を多く含む岩石」のことです。

「石炭」というのは、「動植物の死骸が非常に長い時間をかけて地圧・地熱・乾燥などの影響を受けて、可燃性物質に変質した天然の化石燃料(可燃性の動植物の化石)」を意味しているのです。

「石炭」は、「石炭自体が熱分解したときに発生する可燃性ガスが燃える強力な分解燃焼」によって熱エネルギーを生み出します。

「石油」が普及する以前は、「石炭」によって火力発電所や蒸気機関車、蒸気汽船などが動かされていて、主要なエネルギー源・燃料でした。

「木炭」と「石炭」の違い!

「木炭」「石炭」の違いを、分かりやすく解説します。

「木炭」「石炭」はどちらも「燃料として使用される炭素を多く含んでいる物質」を意味している点では似ていますが、「木炭」とは「木材を無酸素環境下でゆっくり加熱してつくられる人工的な燃料」のことです。

「木炭」に対して「石炭」のほうは、「植物の死骸の素材が数百万年以上かけて生物学的・地質学的プロセスによって変質してつくられた天然の化石燃料」のことを意味している違いを指摘できます。

「石炭」「可燃物が熱分解して発生した可燃性ガスが燃える強力な分解燃焼」で燃料となりますが、「木炭」のほうは「蒸発・分解をせずに木炭固体の表面だけが燃焼する表面燃焼」で燃えるという性質の違いも指摘できます。

まとめ

「木炭」「石炭」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「木炭」とは「木材を無酸素状態で蒸し焼きして炭にした炭素を多く含む燃料、人工的に生産される燃料」を意味していて、「石炭」とは「地下の炭層に存在する炭化した植物質からなる可燃性の黒色・暗褐色の炭素を多く含む岩石、天然の化石燃料」を意味している違いがあります。

「木炭」「石炭」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典