「未就学児」と「小学生」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「未就学児」と「小学生」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「未就学児」「小学生」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「未就学児」とは?

「未就学児」の意味と概要について紹介します。

「未就学児」の意味

「未就学児」「みしゅうがくじ」と読みます。

意味は、「小学校に入学する前の子供のこと」です。

「未就学児」の概要

「未就学児」は、小学校に入学する前の子供のことを言います。

主に年齢制限や料金形態などに使われる言葉で、まだ小学校に入学していない、乳幼児と幼稚園児に対して使われます。

小学校や中学校のPTAで保護者の中から役員が選ばれますが、その際に「未就学児がいる人」が免除の対象になる学校もあります。

因みに、幼稚園にも通っていない子供のことは「未就園児(みしゅうえんじ)」と言います。

「小学生」とは?

「小学生」の意味と概要について紹介します。

「小学生」の意味

「小学生」「しょうがくせい」と読みます。

意味は「小学校に通っている子供のこと」です。

「小学生」の概要

「小学生」は、小学校に通っている子供のことを言います。

一般的に住んでいる地域により学区が定められ、指定された「小学校」に通うことになります。

「小学校」では「1年生から6年生まで」の学年があり、「1年生と2年生」「低学年」「3年生と4年生」「中学年」「5年生と6年生」「高学年」と呼ばれます。

日本の法律では「小学校」は6歳から入学することになっていて、この頃になると幼児ではなく「児童」「学童」と呼ばれる様になります。

また、「小学校」「中学校」は義務教育であることから、児童をまとめて「小中学生」と呼ぶことも多くあります。

「未就学児」と「小学生」の違い!

「未就学児」「小学校に入学する前の子供のこと」です。

「小学生」「小学校に通っている子供のこと」です。

まとめ

今回は「未就学児」「小学生」の違いをお伝えしました。

「未就学児は幼稚園以下の幼児」「小学生は小学校に入学した児童」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典