スポンサーリンク

「本革」と「合否」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「本革」と「合否」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レザーアイテムのお買い物をしていると、違いに迷うことがあります。

この記事では、「本革」「合否」の違いを分かりやすく説明していきます。

違いを知って、本物を見極めていきましょう。

スポンサーリンク

「本革」とは?

本革とは、動物の革のこと。

人工的につくられていない、天然の革製品のことです。

使えば使うほど深みが出てくる味わい深い革で、世界でも人気があります。

本革には色々な種類があります。

メジャーなものは牛革や馬革、個性的なものにはパイソン革やワニ革などがあります。

本革を買うメリットは、高級感を楽しめること。

自然素材ならではの温もりを感じられます。

また軽くてしなやかなので、ボディにフィットしてくれます。

長時間身に付けていてもストレスがないので、旅行やショッピングが楽しくなります。

本革は丈夫で、長く愛用できるアイテムです。

セルフメンテナンスをおこなうと、さらに魅力が増します。

全体のほこりをぬぐって、本革用のクリームを馴染ませると質感もアップ。

ツヤがよみがえって、鮮やかさを長期間キープしてくれます。

「合否」とは?

合否(合皮)とは、人工的に作られた革製品のこと。

ポリウレタンやナイロンなどの素材でつくられた「本革のように見えるレザー」をこう呼んでいます。

天然の革にくらべて大量生産しやすいので、お求めやすい値段で購入できます。

またイエローやビビッドなピンクなど、合否(合皮)ならではの染色も楽しめます。

水にも強い素材なので、多少の雨でも気にせずに気楽につかえます。

合否(合皮)は日本のメーカーが1960年代に開発した、世界にほこる技術です。

本革に比べて扱いやすく生産しやすいため、多くのブランドで用いられています。

「本革」と「合否」の違い

どちらもレザーアイテムで人気の素材です。

「本革」「合否」の違いを、分かりやすく解説します。

・上質な手ざわりが「本革」
本革と合否(合皮)の製品は、大きく異なります。

まずは香りから。

本革のバッグは上質で気品のある香りがします。

革製品のお店に入ったとき感じられる、独特の風合いが印象的です。

それに対する合否(合皮)は、どこか石油っぽい「作られた匂い」がします。

また本革は天然素材ならではの、自然なツヤと生地感があります。

個性的な模様やシワなどもあり、1点1点そのデザインは異なっています。

一方で合否(合皮)は機械でつくられた革なので、どこを見ても同じ模様です。

同じシリーズ同士で見比べてみても違いが分からないほど、よくコピーされています。

本革はとても希少な素材のため、1点が数万円することも珍しくはありません。

合否(合皮)は数千円で購入できるものが多く、本物の革製品に比べて値段も控えめとなっています。

まとめ

「本革」「合否(合皮)」の違いを分かりやすくお伝えしました。

本革は牛や豚、馬などの本物の動物の革をつかった、上質なレザーのこと。

そして合否(合皮)は、本革を真似てつくった人工的な革になります。

どちらにもメリットとデメリットがあります。

ご自身のライフスタイルに合わせた、お気に入りを見つけてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典