「枚挙に暇がない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「枚挙に暇がない」とは?意味

「枚挙に暇がない」には、「たくさんありすぎて、いちいち数えきれない」という意味があります。

「枚挙に暇がない」の読み方

「枚挙に暇がない」の読み方は、「まいきょにいとまがない」になります。

「枚挙」「まいきょ」「暇」「いとま」と読みます。

「枚挙に暇がない」の表現の使い方

「枚挙に暇がない」の表現の使い方を紹介します。

「枚挙に暇がない」には、「たくさんありすぎて、いちいち数えきれない」という意味があります。

そのため、いちいち数えきれないほど、たくさんあるものについて話す時、「枚挙に暇がない」という言葉を使ってみましょう。

例えば、恋愛中の人は、彼氏や彼女の好きな点が、たくさんありすぎて、数えきれないほどではないでしょうか。

このような様子を「彼の好きな点は、枚挙に暇がない」と「枚挙に暇がない」を使って表現できます。

「枚挙に暇がない」を使った例文や短文など

「枚挙に暇がない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「枚挙に暇がない」を使った例文1

「影響を受けた作品は『枚挙に暇がない』と、ある映画監督が言った」

この例文は、映画監督がインタビューで、影響を受けた作品は数多くあり、いちいち数えきれないほどだと答えた場面になります。

このように、数えきれないほど多いものに対して、「枚挙に暇がない」という言葉を使います。

「枚挙に暇がない」を使った例文2

「A君のドジなエピソードは『枚挙に暇がない』」

この例文は、A君というとてもドジな人がいて、その人のドジさ加減を語るエピソードは、いちいち数えきれないほど多いという意味があります。

たくさんのドジエピソードは、A君というキャラクターを作り、周囲の人の記憶に強く残っているようです。

「枚挙に暇がない」の類語や類義語・言い換え

「枚挙に暇がない」の類語や類似を紹介します。

「数えきれない」【かぞえきれない】

「数えきれない」には「数量が多すぎて、数が分からない」という意味があります。

「数えきれないほど、たくさんの人」には、「人数が多すぎて、何人だか分からない」という意味があります。

「山ほどある」【やまほどある】

「山ほどある」には、「山のように、たくさんの数や量がある」という意味があります。

「言いたいことは山ほどある」という言葉には、「言いたいことが、たくさんある」という意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典