スポンサーリンク

「架電業務」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「架電業務」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「架電業務」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「架電業務」とは?意味

電話をかけることです。

「架電」には、電話をかけるという意味があります。

「架」「架橋」「架設」などの使われ方をし、かけわたすという意味を持つ言葉です。

「電」は電話、電信、電報の略です。

つまり、「架電」は電話をこちら側から向こう側に渡すこと、という意味になります。

「業務」とは、継続して行う仕事のことです。

生計を維持するために行うものを主にいいます。

「架電業務」の概要

求人情報などでよく見かける言葉です。

求人情報で使われる場合には、電話をかける仕事のことを指しています。

電話をかける仕事には、保険会社の勧誘スタッフ、事務、コールセンタースタッフ、法律事務所などがあります。

コールセンターの仕事には、かかってきた電話を受け取るものと、こちら側から電話をかけるものとがあります。

受け取るものには、問い合わせ、申し込み、質問などがあります。

これらに適切な解答をして、対応をします。

かけるものには、アポイントや商品の紹介、アンケートへの依頼などがあります。

法律事務所は相談を受けつけるところ、というイメージがあるかもしれませんが、アポイントをとるために電話をかけることがあります。

こういった仕事を行うには、人と会話できる能力が必要です。

会話を苦手とする人は苦痛に感じてしまうことでしょう。

また、適切な言葉遣いをすることも求められています。

乱暴な言葉遣いをするようでは、電話をかけた相手に不快な思いをさせてしまいます。

これでは商品を購入してもらう、アンケートに答えてもらうなど、電話をかけた目的を達成できません。

しかし、難しく考える必要はなく、初心者でもできる仕事です。

しっかりした企業であれば、スタッフの教育を行っており、電話のかけ方などを教えてくれます。

「架電業務」といっても、時給はさまざまです。

雇い主によって時給に違いがあります。

正社員として雇ってもらえることもあります。

「架電業務」の言葉の使い方や使われ方

仕事内容を指して使用をします。

インターネット上の求人情報や、フリーペーパーや広告などの求人情報で使われています。

仕事内容のことを頻繁に日常の会話で出すことは少ないでしょう。

そのため、日常会話で頻繁に使われる言葉ではありません。

何の仕事をやっているか聞かれたときには、「架電業務」といってもわかってもらえないことがあるので、コールセンターなど勤めている職場名を出したり、電話をかける仕事などいったりします。

「架電業務」の類語や言いかえ

「電話をする仕事」が類語です。

電話を「受ける」ではなく、「する」または「かける」が類語になります。

まとめ

仕事に関係する言葉です。

日常で使われることは少ないため、この言葉をはじめて聞く人は何を指しているのかわからないかもしれませんが、この言葉には電話をかけるという意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典