スポンサーリンク

「査察が入る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「査察が入る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「査察が入る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「査察が入る」とは?意味

「査察が入る」「査察」とは、辞書には「 状況や実情を見たり調査したりすること」「物事が規定どおり行われているかどうかを調べること」と記載されています。

「査察」の言葉は、比較的広い意味で記載されています。

しかし「査察が入る」「税金を担当する国税庁の査察官などが、脱税等を行っていないか企業などへ調査に入ること」を指す言葉として一般的には使われています。

「査察が入る」の概要

国税庁によると、この国税庁の「査察制度」は、「悪質な脱税者に対して刑事責任を追及し、その一罰百戒の効果を通じて、適正・公平な課税の実現と申告納税制度の維持に資することを目的としている」とその目的を明記しています。

こうした目的で、企業等に調査に入る事を一般的には「査察が入る」と表現しているのです。

また消防においても「消防査察」と呼ばれる法律に基づく「査察」が行われ、「査察が入る」ことがあります。

この「消防査察」「商業施設や物販店や飲食店などに立ち入って、火災につながる危険性はないかや、消火設備が整備されているかや、安全な批難が出来る状態にあるか等、予防的な意味で立ち入り検査すること」を意味し、「国税査察」のように、脱税の疑いが強いと言った法律違反が疑われる場合にのみ実施されるものと、少し意味合いは異なります。

上記以外に、国内では原子力発電所への調査や、国際的な原子力規制に関しても、法律や条約に基づく「査察制度」が設けられている場合があります。

「査察」とは、前項で「物事が規定どおり行われているかどうかを調べること」と記しましたが、この広義の意味に該当する調査は、企業でも行われています。

例えば、大企業等では各事業部や事業所等が法令や社内ルールを順守して仕事を進めているかを調査・是正することを行っていますが、これは「監査」と呼ばれています。

以上の様に、辞書には「査察」は広義の意味が記載されていますが、実際には法律で定められた、限定的な調査を指す言葉として使われていると言えます。

「査察が入る」の言葉の使い方や使われ方

「査察が入る」の言葉は、『あの急成長している企業には、脱税の噂が絶えませんでしたが、とうとう国税庁の査察が入ったと、ニュースが報じていました。』や『映画で、悪徳な会社に査察が入る場面がありましたが、その時の査察官の姿は非常に格好よく描かれていました。』の様に使われます。

「査察が入る」の類語や言い換え

先に記載した様に、厳密には「査察」は法律等で定められた場合にのみ使われる言葉で、その意味では言い換えは難しいと言えます。

しかし、一般的な表現で使われる場合には、「立ち入り調査が入る」「監査が入る」「現場チェックが入る」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「査察」とは、「 状況や実情を見たり調査したりすること」「物事が規定どおり行われているかどうかを調べること」だと辞書に記載されています。

しかし「査察が入る」と使われる場合には、この「査察」はもう少し限定的な意味で使われる事が多く、「国税庁による査察が入る」場合や、「消防署が査察に入る」場合や、原子力発電所などに「規制当局が査察に入る」場合など、法律に「査察」が定義されている場合に使うのが一般的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典