スポンサーリンク

「栄光」と「光栄」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「栄光」と「光栄」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「栄光」「光栄」は同じ漢字の並びが違うだけで、響きや言葉のイメージがよく似ています。

また、「光栄の至りです」「彼らに栄光あれ」など、大仰な言い回しがあり、どちらの言葉を使うべきか混乱する人がいるかもしれません。

しかしこの二つの言葉は異なる意味を持ち、使い方も違います。

この記事では、「栄光」「光栄」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「栄光」とは?

「えいこう」と読み、二つの意味があります。

(1)輝かしいほまれや、大きな名誉、光栄なこと、(2)幸いを表す光やめでたい光、瑞光(ズイコウ)を意味するときがあります。

まぶしいほど光り輝いているイメージです。

似た言葉に、栄誉、名誉、全盛、栄え、繁栄、名望、誇り、などがあります。

「栄光」の使い方

「栄光」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『日本代表が、初めて金メダルの「栄光」に輝きました』
・『神の「栄光」あれ、と人々は彼らを祝福しました』
・『いま、優勝の「栄光」は彼らの手にあります』
・『あの人は過去の「栄光」が忘れられないようです』
・『なんとしても「栄光」を勝ち取りたいという気持ちでのぞんでいます』

「光栄」とは?

「こうえい」と読み、二つの意味があります。

(1)業績や行動を人に認められたり、重要な役割を任されたりして、名誉に思うことです。

また、(2)栄えることや、栄えさせることを意味するときもあります。

「光栄」の使い方

「光栄」が使用される代表的な例文をみてみましょう。

・『尊敬する先生にお褒めいただき、「光栄」の至りです』
・『身に過ぎて「光栄」なことと、思っております』
・『私ごときが、そのような大任に仰せつかり、身に余る「光栄」です』
・『お会いできて「光栄」です』
・『お役に立てれば「光栄」に存じます』
・『このような賞をいただき、大変「光栄」です』
・『私はこの度、恐縮ながら、受賞の「光栄」に浴しました』

「栄光」と「光栄」の違い

それでは「栄光」「光栄」の違いを、改めて整理してみましょう。

いずれも「名誉」「ほまれ」という共通のキーワードがあります。

しかし「栄光」「輝かしい名誉」そのものを意味するのに対して、「光栄」「名誉に感じること」をいいます。

よって勝利に輝くのは「栄光」であって、「光栄」ではありませんし、褒められて喜ぶときは「光栄」の至りで「栄光」ではありません。

ときに例外があります。

例えば19世紀にイギリスがとっていた外交上の政策を「栄誉ある孤立」「栄光ある孤立」「光栄ある孤立」などさまざまに訳され、間違いとはされません。

しかし基本は「栄光」「名誉」「光栄」「名誉に思うこと」と覚えましょう。

まとめ

この記事では「栄光」「光栄」の違いをみてきました。

どちらも「名誉なこと」に使われる大切な言葉ですが、「名誉そのもの」「名誉に思うこと」かという違いがあります。

意味を正しく理解して間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典