「栄光」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「栄光」の意味

「栄光」という表現は、「大きな成功や偉大な勝利についてくる非常に輝かしい名誉・ほまれ」のことを意味しています。

「栄光」というのは、「晴れがましい栄えある名誉」「大きな物事を成し遂げた後に感じる誇らしいほまれの感覚」の意味合いを持つ表現なのです。

また「栄光」「神の栄光」というように、「幸福・救いを象徴する光、神聖な光」という意味も持っています。

「栄光」の読み方

「栄光」の読み方は、「えいこう」になります。

「栄光」の表現の使い方

「栄光」の表現の使い方を紹介します。

「栄光」の表現の使い方は、「大きな物事を成し遂げたり勝利したりした後に感じられる非常に輝かしい名誉・ほまれ」の意味で使うという使い方になります。

例えば、「今まで誰も手に入れたことのないような栄光が、その偉大な勝利の先に待っています」といった文章で、「栄光」という表現を適切に使うことができます。

「栄光」を使った例文と意味を解釈

「栄光」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「栄光」を使った例文1

「ビジネスの成功者である彼の人生は、不祥事が発覚するその日まで、比類なき栄光に輝いていました」

この「栄光」を使った例文は、「栄光」という表現を、「不祥事が発覚するその日まで、比べるもののないような素晴らしい名誉・名声を獲得して輝いていた」という意味合いで使用しています。

「栄光」を使った例文2

「どう足掻いても解決できない困難な問題が解決した時、私は神の栄光というものを感じ取ることができました」

この「栄光」を使った例文は、「私は、神が人々を幸福に導いてくれる神聖な光を感じ取ることができた」という意味を持つ文脈で、「栄光」という表現を使っています。

「栄光」の類語や類義語

「栄光」の類語や類義語を紹介します。

「栄誉」【えいよ】

「栄誉」という表現は、「成功したり勝利したりした後に得られる輝かしい名誉・ほまれ」という意味合いを持っています。

その意味合いから、「大きな物事を成し遂げた非常に輝かしい名誉」のことを示す「栄光」の類語(シソーラス)として、「栄誉」という表現を指摘できるのです。

「光栄」【こうえい】

「光栄」という言葉は、「栄光」の漢字を入れ替えたものであり、「業績を評価されたり重要な役目を任されたりして名誉に思うこと」という意味合いを持っています。

「栄光」「光栄」の二つの表現は、ほとんど同じような意味合いを持っている類義語として解釈することができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典