スポンサーリンク

「栄誉を称える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「栄誉を称える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、栄誉を称えるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

栄誉を称えるとは?意味

栄誉を称えるとは、優れた行いをした者に対して褒め称えるときに使う言葉です。

本人だけではなく、家族や関わった人も誇らしく感じる行いができた人を対象に、その素晴らしい行いや性質が素晴らしいという気持ちを込めて使います。

栄誉を称えるの概要

栄誉を称えるは、人が感動する行為、多くの人が共感した行為、素晴らしい行いをした人に対してその行為を称えるという意味が込められています。

栄誉を称えるときは口頭で称える言葉を述べたり、賞状や盾などを渡して称えます。

多くの人に栄誉を称える姿を見てもらえるように、舞台の上で感謝状を渡し、なにをしたか具体的に主権者が述べて感謝する場合もあります。

この栄誉を称えるの対象となる行為には、会社であれば長年会社で仕事して多大なる功績を与えた社員が定年退職するときや、立派に勤め上げた永年勤続したときです。

また、歩いていたら川で溺れた人がいたとき、身を挺して川に飛び込み、救ったとき人のその行為は栄誉に当たりますし、震災が起きたとき村に孤立した子供やお年寄りを避難場所に連れて行き、救い出したその行為も栄誉になります。

このことから栄誉とは、人がその行いによって危機を脱出したとか、幸せな気持ちになった、金銭的に恵まれたという場合に栄誉と褒め称えて、感謝する気持ちを伝えるのです。

栄誉を称えるの言葉の使い方や使われ方

栄誉を称えるの使い方は、何度も勝利に導いたチームの「健闘を称える」と使ったり、多大なる「功績を称える」「すぐれた栄誉を称える」と使います。

相手の功績を褒め称えるため栄誉なことをした人を称賛する意味も込めて使う言葉です。

なかなか栄誉を称える対象となる人は少ないだけに、相当会社の業績に貢献したとか、人に対して貢献した人にしか使わない言葉でもありますので、称えられる人は後世に残るほど誇らしいことをしたと分かります。

この栄誉を称えるという言葉には、その結果や成果を高く評価し、尊敬する気持ちや褒め称える気持ちを伝えるために使われている言葉です。

栄誉を称えるを使った例文(使用例)

栄誉を称えるを使った例文を3つご紹介します。

・長年会社に貢献したあなたの栄誉を称えるとともに、今後の活躍を期待します。

長年会社に勤めて、業績に貢献する働きをした人を称えるときに使う例文です。

今後、ますます優れた功績を与えてくれることを期待する気持ちも込めています。

このように、栄誉を称えられた人はさらに会社のために仕事を頑張ることでしょう。

・我が校において優秀な成績を収めたことに対し、ここに栄誉を称えます。

学校で優秀な成績を収め、学校の知名度を高めた生徒に対して称えるときに使います。

称えられた生徒は嬉しく思い、学校の生徒であったことを誇らしく思うでしょう。

・優秀な業績を収めたことに栄誉を称えて表彰するとともに、トロフィーを贈呈いたします。

優秀な功績を収めた選手に対して使えるこの例文では、頑張ったところに感謝し、褒める意味を込めています。

トロフィーを贈呈するのは、さらに功績を目に見えて称えるためにトロフィーを贈呈します。

まとめ

栄誉を称えるは、多くの実績を残した人や、褒め称えられる行為をした人を称賛するときに使います。

かなり素晴らしいことをした人に使うこの言葉は、称えられた人にとっても実に嬉しい言葉でもあります。

頑張った社員や選手、生徒に対して使いますが、長年夫のために尽くしてくれた妻や勉強を頑張った子供を称えるときにも使えますので、褒めてあげるときに使ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典