スポンサーリンク

「校外学習」と「社会見学」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「校外学習」と「社会見学」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、校外学習と社会見学の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

校外学習とは?

校外学習とは、学校では体験できないことを校外で体験することを意味しています。

学校の外で学習するために生徒を連れて、そこでテーマに添った学習を学ばせて、知識や技術を習得させることという意味合いもあります。

自然が溢れる場所で環境に触れながら集団規律を学ばせ、訓練をして習得させる目的もあります。

普段は学校で教わらないような体験型学習を生徒にさせるのが校外学習の目的です。

この校外学習では、長時間教師が生徒に付き添い、半日から1日かけて教育プログラムを実行させます。

この校外学習で子供を太陽の下で伸び伸びと運動させて体力を付けさせ、自然と触れ合って環境について学びます。

社会見学とは?

社会見学とは、知識を身に付けるため工場施設に行ってその工程を学んだり、博物館に行って文化や歴史を学ぶなどして、生徒に経験をさせることで社会の仕組みについて学ばせることを目的としています。

クラスや学年といった団体でバスや電車に乗って工場に行き、半日かけてその場所を見て周ります。

工場であればクッキーを作る前の材料を見たり、作る機械を見ます。

梱包し、出荷する工程までを見て、生産の楽しさ、魅力を学びます。

ミネラルウォーターの工場を見学するときは水の産地を学び、どのような工程を経て美味しいミネラルウォーターを生み出すかを学ぶことで自然の恵みの大切さに触れます。

校外学習と社会見学の違い

校外学習と社会見学の違いを、分かりやすく解説します。

野外で自然に触れ合いながら集団のあり方を学ばせる校外学習とは違い、産業のあり方について生徒に学ばせることが目的の社会見学とは、学ばせる場所の違いがあります。

また、集団行動は同じですが、体力をつけさせ、人とのコミュニケーションに重点においた校外学習に対して、物作りを通して生産の楽しさや経済の動きを学ばせるのが社会見学の目的になります。

校外学習の例文

・校外学習で校外にあるふれあいの森へ行くことになりました。

・校外学習のスローガンは自然と触れ合い、環境について考えることです。

校外学習では、普段は触れ合うことができない自然の中で生徒が学ぶことが目的です。

そのため、森の中で食事を作って協調性を身につけさせたり、食の大切さを学ばせます。

また、親と離れさせて生活をさせることで独立心を養う意味でも校外学習をさせるのです。

社会見学の例文

・社会見学におすすめの場所を見つけよう。

・社会見学のしおりを渡しますので、よく読んでおくように。

社会見学をする場所は、より子供の見聞を広められる産業施設や歴史的遺構を選びます。

また、社会見学に行く前にはしおりを生徒に配り、目を通しておくことでその当日の予定がよく分かり、行動しやすくなります。

まとめ

生徒に野外で伸び伸びと学習させるのが目的の校外学習と、社会の仕組みを体験してもらい、学習してもらうのが目的の社会見学。

どちらも学校では学べないことを学ばせ、子供たちに新たな発見と知識を学ばせ、心身ともに成長させることを目的としています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典