スポンサーリンク

「格安」と「激安」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「格安」と「激安」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「格安」「激安」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは最初に「格安」の意味から、取り上げます。

スポンサーリンク

「格安」とは?

最初に「格安」(かくやす)の意味をご説明致します。

「格安」とは一般的な相場の価格よりも、安いことです。

また品質が良い割には、安いことを表現するときにも使われます。

「激安」とは?

次に「激安」(げきやす)の意味を解説していきます。

「激安」の場合は、値段が普通と比べた際に、非常に安いことを表しております。

「格安」と「激安」の違いとは?

ここでは「格安」「激安」の違いを取り上げてみましょう。

「格安」の場合は、相場よりも安いことやものを指しております。

また品質もしっかりしているものなどが、お手頃価格で提供される際に、使われます。

一方で「激安」の方は、普通の値段よりも非常に、安いことです。

「格安」と「激安」の使い方の違い

この項目においては、「格安」「激安」の使い方の違いを説明します。

「格安」を使う場合は、対象物の品質が良い割には、値段が安いときに使います。

また相場と比べたときに、安いときなどに用いるのです。

「激安」を使うときは、対象のものなどが一般的な価格と比べると、特に安いときなどに使います。

それぞれの使い方をみてみましょう。

前者の使い方
「格安でフェラーリを手に入れられた」
「家が格安だったので、ラストチャンスと思いまして、購入しました」
「格安のDVDプライヤーだったが、故障もせずに動いている」
後者の使い方
「近場に激安スーパーができたので、重宝しております」
「激安の殿堂、ドン・キホーテは人気らしい」
「激安でも良いものはありますし、お値段なりの商品があることも事実です」

「格安」を使った例文

ここでは「格安」を使った例文を書いていきます。

・『格安のパソコンでも仕事はできます』
・『品物はいいのに格安だったので、即決で買いました』
・『主婦にとっては格安の品が、有難いはずだ』
・『格安は安かろう悪かろうではないのです。品質はきちんとしています』
・『スーツが格安で、オーダーメイドできるらしいので、早速テーラーへ行きました』

「激安」を使った例文

最後の項目においては、「激安」を使った例文を書きます。

・『主婦は激安に目がない』
・『節約するには、激安品を上手に生活に取り入れる工夫が必要になってきます』
・『激安の総菜だったので期待していなかったが、それなりに美味しくてびっくりしました』
・『ドン・キホーテは激安と謳っているが、それほど安くないと思います』
・『激安の洋服は、やはり品質は悪かったです』

まとめ

まとめとして「格安」とは、一般的な相場と比べると価格が、何割か安いことを指しております。

また、品質は保証されているものなどが、安く販売されているときにも使われる言葉です。

そして「激安」の場合は、普通の値段と比べたときに、驚くほどに安いことを指しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典