スポンサーリンク

「案」と「素案」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「案」と「素案」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「案」「素案」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「案」とは?

考えや計画、アイデア、予想、思いつきなどを「案」と言います。

また、「案」には、文章の下書きといった意味もあります。

「案」の場合、このようなことをまとめたものではなく、そのままの状態で置かれているそのものを意味する言葉です。

そして、「案」と言われる状態である以上、まだ確定していない、決まっていないものというものとなります。

「案」を別の言葉で言い換えると、「考え」「策」「設計」「腹積もり」「計画」「プラン」などとなります。

「案」の使い方

「案」には、どのような「案」なのかを示す言葉が多くあります。

例えば、「デザイン案」「予算案」「図案」「名案」「原案」「代案」「改善案」「代替案」などたくさんあります。

また、表現方法としては、「案を練る」「案を提出する」「案に相違する」などがあります。

「素案」とは?

「案」のもととなる、「素案」

「案」として、周りに見せる前の状態のものを意味する言葉です。

「案」の場合、ある程度、まとまった状態のものとなりますが、「素案」の場合は、まったくまとまっていないものを指し、大まかな「案」の状態を「素案」と言います。

「素案」を他の言葉で言い換えると、「基本的枠組み」「概要」「あらまし」「下書き」「コピー」「アウトライン」などとなります。

「素案」の使い方

「素案」の場合、どんな「素案」なのかを表す使い方として、「企画素案」「改革素案」「資料の素案」などといった言葉があるほか、「素案の段階」「素案の作成」「素案のレベル」などといった言葉もあります。

「案」と「素案」の違い

「案」「素案」の関係において、「案」の前にあるものが「素案」となります。

「素案」とは、「案」にする前の状態のものを指し、「素案」から「案」を完成させるといった流れとなります。

そのため、全く異なったものであるとは言い切れない関係性にあり、「案」は、周りに提案するために作成したものを意味するのに対し、「素案」は、その前の状態にものを意味するものとなります。

「案」の例文

・『それは、名案ですね。実行してみましょう。』
・『今度のコンペに向け、いくつかのデザイン案を作成しました。』
・『万が一に備え、必ず代替案を考えておいてください。』
・『部署全員で、何か良い方法はないかと案を練る。』

「素案」の例文

・『まだ、素案の段階だったか上司に話してみることにした。』
・『彼の素案のお陰で、会議中、いいアイデアが生まれました。』
・『今日の午後までに会議に必要な素案だけでも完成する必要がある。』
・『良い案を出すためには、素案も重要です。』

まとめ

「案」を作成するために必ず「素案」が必要であるということではありませんが、「素案」によって、「案」はまとめやすくなるといったメリットがある、そのような関係性にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典