スポンサーリンク

「梅」と「すもも」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「梅」と「すもも」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「梅」「すもも」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「梅」とは?

「梅」はバラ科サクラ属の樹木からなる果実です。

ただし、「梅」は果実ではありますがそのまま食用として食べることはできません。

その理由は「梅」には毒素がありその毒素を抜く方法が「梅干し」という方法で、毒素は青酸が毒素になりこれが体内に入るとめまいを起こしたり意識障害を起こす要因となるのです。

その為、「梅」は青い果実のまま食用とすることはできないのです。

「すもも」とは?

「すもも」は、バラ科サクラ属の樹木の一種ですが食用可能な種族です。

つまり、そのまま、果実を生で食用とすることが可能なのが「すもも」になります。

なお、「すもも」は和名で、プラムというのも海外での「すもも」のことを指し、もちろん食用可能です。

「梅」と「すもも」の違い

「梅」「すもも」の違いは、食用として食べる際、生でそのまま果実を食べることができるかできないかです。

一応、両者はともにバラ科サクラ属に属した樹木ですが品種が異なるが故、食用できるものとできない物があり「梅」がそのまま食べることができない果実になります。

「梅」の例文

・『梅干しのおにぎり』
これは、生で食べることが不可能な「梅」を塩と焼酎を使用して食用可能としたもので握ったおにぎりを指します。

「梅」はそのままでは食用は不可能ですが、漬け込むことで食べることが可能となる果実に変化し、これは古来の日本人の知恵のひとつです。

「すもも」の例文

・『スーパーですももを買う』
この例は食用の果実である「すもも」をスーパーで購入した例です。

「すもも」は、そのまま食べることができ簡単にスーパーで入手可能な季節の果物になります。

季節の果物だとしたのは、「すもも」は、7月から9月までが最盛期で一番おいしく食用可能なので季節が過ぎると途端に市場市場から姿を消してしまいあまりスーパーなどでも見ることができなくなるためです。

まとめ

「梅」「すもも」の違いは、果実をそのまま食用として食べることができるかできないかです。

「梅」は残念ながら果実自体に毒素があり、この毒素を抜く手法が塩で毒素を抜き去るという方法になります。

他にも毒素を抜き去る方法がありますがメジャーなのが「梅干し」です。

しかし、「すもも」は、果実をそのまま食用可能なので果物としてそのまま食べることができます。

なお、「すもも」「梅」は同じバラ科サクラ属の樹木ではありますが、品種が異なるが故残念ながら「梅」は毒素を持ち、果実自体に防御機能を持ちます。

この毒素は、青酸という物質でこの物質が強いと厳格を見たりしますが、「梅」はそれほど生産の濃度が濃くないので幻覚を見ることはありませんが、めまいを起こしたり、酷い場合においては稀にですが意識障害を起こします。

逆を言えば、「梅」は毒素を抜けば食べられることが平安時代に分かっていてそのころから既に「梅干し」は存在していたのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典