スポンサーリンク

「業務」と「職務」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「業務」と「職務」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「職務」「業務」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「業務」とは?

「業務」とは(ぎょうむ)と読み、 日常継続して行う商売や事業などに関する仕事をいいます。

日々行う内容の仕事を指しています。

例文1:「いつもどおりに業務をこなす」
例文2:「業務日誌をつけ、帰宅する」
例文3:「問題を明らかにして、業務効率化を図る」
「業務」「業」の字は、「仕事」を表しています。

「業務用」(ぎょうむよう)と書いている商品がありますが、個人や家庭向けのものでなく、「業」(生活の中心をささえるしごと)として食材や資材などを利用する者向けの品であることを意味します。

家庭用と同じ商品であっても、量や個数が多い場合も「業務用」と表現します。

「業務」と似ている単語に「執務」(しつむ)があります。

「執務」は、仕事そのものではなく「仕事をすること」を指しています。

また、事務作業を意味し、肉体作業には使いません。

それに対して「業務」の場合は、デスクワークだけでなく様々な職種で使われます。

その差が「執務」「業務」の差です。

「職務」とは?

「職務」は(しょくむ)と読み、 その人が担当している仕事。

役目、つとめという意味です。

「職務」は、「仕事上における役割」という意味になります。

例文1:「職務を全うする」
例文2:「ウロウロしていたせいか、職務質問をされた」
例文3:「職務上知り得た秘密は絶対に他人には教えられない」
「職務」と似ている単語に「職責」(しょくせき)があります。

「職責」「仕事を成し遂げる上での責任」を意味します。

仕事や役目を果たす上で、生じる「責任」を表します。

それに対して「職務」は仕事の「役割」を表します。

「職務経歴書」(しょくむけいれきしょ)は職務経歴書とは、履歴書と並んで就職活動、転職活動に際して必ず必要となる書類です。

職務経歴書は、今まで経験した仕事での「役割」を記載するもので、同じ営業職という「業務」に就いていたとしても、その中で、外回りの担当だったのか、店舗内での顧客対応だったのかを詳しく説明するものです。

「業務」と「職務」の違い

「業務」「職務」の違いを、分かりやすく解説します。

「業務」は日常行なっている「仕事」を意味します。

「職務」はその人が任された「仕事内容」を表します。

「職務権限」(しょくむけんげん)という言葉がありますが、「職務」という仕事任せられている役割の中で、「権限」があるという意味になります。

「業務権限」とはいいません。

まとめ

今回は「業務」「職務」の違いを、解説しました。

ポイントをまとめます。

「業務」は日常行なっている「仕事」を意味します。

「職務」はその人が「任された仕事内容」を表します。

「業務」「職務」の違いを知って、スマートな表現ができるように日常生活に活かしていきましょう。

意味の違いをしることで、あなたの仕事にもいい影響を与えてくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典