スポンサーリンク

「楽しい」と「楽をする」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「楽しい」と「楽をする」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「楽しい」「楽をする」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「楽しい」とは?

心に不満がなく、うきうきするようなことです。

遊園地に行きたいとずっと思っていて、やっとそれが叶いました。

遊園地に行きたいという欲求が叶い、心に不満はありません。

そして、観覧車、ジェットコースター、お化け屋敷など、さまざまなアトラクションを体験しました。

アトラクションを体験している間、心がはずんでいました。

ウキウキしている状態です。

このような状態を意味する言葉です。

遊園地には頻繁にはでかけられないことでしょうが、日常の中にも「楽しい」と感じられることはあります。

たとえば、ゲームが好きな人ならゲームをしているとき、映画が好きな人なら映画を観ているとき、買い物が好きな人なら買い物をしているときなどです。

その形は人ぞれぞれで、いろいろとあります。

「楽しい」の使い方

「うわー、うきうきする」「わくわくだなー」という状態を指して使用をします。

ある人はテレビを見ることにうきうきを感じていました。

しかし、別のある人はテレビを見ていてもうきうきしません。

そのように感じるのことは、人それぞれ違うのです。

そのため、使う場面は人それぞれ違います。

ある人は「楽しい」と感じて、別のある人は「楽しい」と感じなくても、それは間違いではありません。

「楽をする」とは?

「楽」には、3つの意味があります。

1つめは、心にも体にも苦痛がなく、気持ちがよくて安らかなことです。

苦しいことを心に抱えているとき、誰かに話しを聞いてもらえるだけで、心が軽くなることがあります。

その話した後のような状態を指しています。

2つめは、豊かな暮らしのことです。

たとえば、不動産収入を得られると、汗水流して苦労をする必要がなく、豊かな生活を送れることでしょう。

3つめは、簡単なことです。

3桁の掛け算をするとき、暗算をするよりも電卓を使った方が簡単です。

このような簡単なさまを意味しています。

「楽をする」「する」という動詞がついています。

「楽」には3つの意味がありますが、「楽をする」といった場合は、簡単な方法を選ぶといった意味になります。

徒歩20分の場所に歩いて買い物に行くよりも、車を使った方が苦労が少ないです。

自分で車を運転するよりも、タクシーを利用したり、誰かに運転をしてもらった利した方がもっと簡単です。

このような簡単なことを意味しています。

「楽をする」の使い方

簡単であるという意味で使用をします。

AよりもBの方が簡単、たやすいことを指しています。

「楽しい」と「楽をする」の違い

「楽しい」は、心が弾んで「うわー、うれしい」「わくわくだー」という状態のことです。

このような状態になる事柄は人によって異なります。

「楽をする」は何かをすることです。

簡単な方法でやることを指しています。

まとめ

どちらの言葉にも「楽」という漢字が使用されていますが、「たのしい」「らく」と読み方が異なり、意味も異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典