スポンサーリンク

「楽譜」と「バンドスコア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「楽譜」と「バンドスコア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「楽譜」「バンドスコア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「楽譜」とは?

「楽譜」とは、楽曲の記録や演奏、伝達を目的に、音楽を紙面上に書き表したものです。

記譜法と呼ばれる一定の法則に基づいて書かれています。

譜面や譜と呼ぶ場合もあります。

「バンドスコア」とは?

「バンドスコア」「楽譜」の一種です。

「楽譜」の中でもバンド用に記された楽譜のことを「バンドスコア」と呼びます。

ボーカルやギター、ドラム、ベースなど、演奏に必要なパートの譜が一覧にまとまって書かれています。

「スコア」は、すべてのパートを記録した譜、という意味を持つ単語です。

総譜とも呼ばれます。

「楽譜」と「バンドスコア」の違い

「楽譜」「バンドスコア」の違いを、分かりやすく解説します。

「楽譜」は記譜法に基づき、音楽を紙面上で表せるようにしたもののことを言います。

「バンドスコア」「楽譜」の一種で、バンド演奏のために作られた総譜です。

楽曲をバンドで演奏するときに必要なパートが、一覧になって書き記されています。

パート譜ではなく、すべての楽器の譜が書かれていることが特徴です。

まとめ

音楽を紙面に書き記したもの全般のことを「楽譜」と呼びます。

「バンドスコア」「楽譜」の一種で、バンド演奏のために書かれている総譜です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典