スポンサーリンク

「概念ピアス」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「概念ピアス」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「概念ピアス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「概念ピアス」とは?意味

「概念ピアス」とは、「アイドルやアニメキャラなどの推しをイメージさせる特徴(概念)を持っているピアス」のことです。

「概念ピアス」というスラング(俗語)は、「推し(好きなアイドル・アニメキャラ)をイメージすることができる概念と相関した特徴を持っているピアス」を意味しているのです。

「概念ピアス」は、「推しといつも一緒にいる感覚を持っていたというファンやオタクの願望」が反映された「概念アクセ(概念アクセサリー)」の一種として考えることができます。

例えば、「推しのヘアカラー・イメージカラー・瞳の色・衣装(服装)の特徴・持ち物(武器)などと関係した概念的要素を持つピアス」のことを、「概念ピアス」と呼んでいるのです。

「概念ピアス」の概要

「概念ピアス」というスラング自体は最近になって使われ始めたものですが、いわゆる「推し(おし)」と深い関係のある言葉になっています。

「推し」というのは元々、AKB48や乃木坂46、キンプリなどのアイドルグループで「特に好きなメンバー・推しているメンバー」を意味する言葉でしたが、今では「好きなアニメのキャラクター(登場人物)の意味も持っています。

そのため、「概念ピアス」というのは「ピアスを耳につけることで推しといつも一緒にいる感じを味わっていたいという願望」から生み出されたもので、「推しのことをイメージできる概念・特性を持ったピアス」のことを指し示しているのです。

例えば、「鬼滅の刃」「煉獄杏寿郎」が推しである人であれば、煉獄のイメージカラーであるオレンジ色(あるいは赤色)をしたピアスを「概念ピアス」としてつけることが想定されます。

「概念ピアス」の言葉の使い方や使われ方

「概念ピアス」のスラングの使い方は、「推しのキャラクター(アイドルの人)のイメージカラー・身体的特徴(髪や目の色)を連想させる概念的特徴を持つピアス」という意味で使う使い方になります。

「概念ピアス」という俗語は、「大好きでたまらない推しのことを思い出すことができるカラー(色味)や特徴を持ったピアス」を意味して使われているのです。

例えば、「好きな韓流アイドルの概念ピアスを探していたら、ちょうど彼のヘアカラーと同じゴールドのおしゃれなピアスを見つけました」などの例文で使用することができます。

「概念ピアス」を使った例文(使用例)

・『概念ピアスを身につけていると、大好きな推しが側で見守ってくれているような気分になってきます。』

・『推しのアニメキャラが青色のヘアカラーをしているので、青いサファイアがついたピアスを概念ピアスにしています。』

・『友達が大好きなアイドルのイメージカラーに合った概念ピアスをプレゼントしたら、思っている以上に喜んでくれたので良かったのです。』

まとめ

この記事では、「概念ピアス」の意味・概要・使い方について詳しく説明しましたがいかがでしたか? 「概念ピアス」とは、「推しのアイドルやアニメキャラの存在を思い浮かべることができる概念的特徴(色味・形態)を持っているピアス」を意味しているスラング(俗語)です。

「概念ピアス」のスラングについて調べたい人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典