スポンサーリンク

「構成」と「構造」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「構成」と「構造」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何かを作るとき、大切にしたい用語は2つあります。

この記事では、「構成」「構造」の違いを分かりやすく説明していきます。

ちいさな差を知って、つくる喜びを味わっていきましょう。

スポンサーリンク

「構成」とは?

構成(こうせい)とは、組み立てのこと。

小さな部品を集めて、大きな物をつくることです。

脚本や音楽など、ひとつの作品を作ることを「構成する」といいます。

構成はシナリオや文書の「起承転結にあたるもの」です。

「起」が物語のスタートなら「承」はお話を膨らましたもの。

「転」は登場人物に、思いもよらぬトラブルが起こることです。

最後の「結」は終わり。

みんなが納得できるような、すがすがしいエンディングを添えます。

構成を考えてからビジネス文書やプランを練っていくと、メリハリのある良い資料をつくれます。

多くの人の心を動かせる、魅力的な作品作りもおこなえます。

構成力は何かをつくるとき、無視することが出来ないものです。

「構造」とは?

構造(こうぞう)とは、物事の骨組みとなる部分。

どのような素材で作るのか、前もって考えたものです。

仕組みやメカニズムのような言葉となります。

例えば「黄色いヨットが海に浮かぶ」という文章があったとします。

この文は「黄色い」「ヨットが」そして「海に」などの文節から成り立っています。

また「黄色い」は形容詞ですが「ヨット」は名詞です。

このようにどのような種類のものが組み合わさっているのか、考えること。

考えた結果出されたものが「構造」です。

構造は住まいに例えるのなら「設計図」のようなものです。

どのような屋根にして、どのような床材を用いていくのか。

使う素材を吟味することで、いい物作りをおこなえます。

物事の基礎となるべきものが「構造」です。

「構成」と「構造」の違い

どちらも「構」という漢字が使われているので、間違えやすいです。

「構成」「構造」の違いを、分かりやすく解説します。

・流れが「構成」材料が「構造」
構成と構造はとてもよく似ています。

物語や脚本などの起承転結にあたるのが「構成」

構成とはどこに見せ場をつくって、どこで笑わせるのか、配置を考えることです。

構成力が優れている作品は、多くのファンを感動させることができます。

そしてよく似ている「構造」とは、物事の骨組みのこと。

どのような材料でつくっているのか、具体的にあらわしたものです。

「飛行機の構造」「木造住宅の構造」などと用います。

またどのようなパーツで成り立っているのか、分解して考えることを「構造化」と呼んでいます。

物事のストーリーが構成、物事の材料にあたるのが構造です。

まとめ

「構成」「構造」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもより良い作品をつくるために、欠かせない要素です。

構成は物事の流れをあらわしたもの。

全体を見直したとき、統一感やまとまりを感じさせるものです。

また構造とは、物事の材料のこと。

ひとつひとつのパーツを、表現したものです。

語句の差を知って、豊かなスキルを積み上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典