スポンサーリンク

「横柄」と「横暴」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「横柄」と「横暴」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「横柄」「横暴」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「横柄」とは?

「おうへい」と読みます。

横柄は態度や姿勢を表す言葉です。

意味は、目に余るほどに威張った様のことで、偉そうにしている人に対して使います。

つまり、横柄は決して誉め言葉としては使われません。

自分を見下すような嫌味な態度をで接してくる人に対して使います。

もしも、横柄であることを指摘されたら、直ちに改めなければ取り返しのつかない事態に陥る可能性大。

横柄な態度で接するのは、相手がどんな人であったとしてもマナー違反と心得ましょう。

ドラえもんに登場するジャイアンのようなガキ大将気質が許されるのは、子供のうちだけなのです。

響きが似ていて、大らかな態度を表す鷹揚と言う言葉がありますが、こちらは誉め言葉として使われます。

「横柄」の使い方

横柄と言う言葉で相手に対する嫌悪感を表したいときによく使われます。

例を挙げてみましょう。

『彼の横柄な態度は許しがたい』 威張った態度に忌々しさを感じている様子が窺えます。

『彼の横柄さは小心の裏返し』 気が小さいことを悟られたくないから、あんなふうに威張って見せるんだろうと悪口を言われてしまうわけです。

『物言いが横柄で優しさが感じられない』 優しさを求める女性に嫌われるタイプです。

「横暴」とは?

「おうぼう」と読みます。

乱暴な態度や言葉で相手に恐怖心を与える人のことを表す言葉です。

逆らうことのできな立場にある人に向かって、権力や暴力を振りかざす様を表しています。

横暴の前では、ほどんどの人が抵抗できないまま、大きなストレスを抱えてしまいます。

「横暴」の使い方

物言いや態度そのものが乱暴である様を伝えたいときに使われます。

例えば、次のように使います。

『これほど横暴なやり方がまかり通るとは嘆かわしい』 ブラック企業などで言い交わされそうな会話です。

『こんな横暴な人とは一緒に暮らせない』 これが理由となって離婚を迫られる男性は少なくありません。

『横暴な父親のもとで成長した結果、自己肯定感が著しく低い』 家庭内暴力が生んだ悲劇です。

「横柄」と「横暴」の違い

横柄も横暴も絶対的な強さを持つ対象に使われますが、横柄が単に威張っている様子に対して、横暴はより暴力的な意味合いを持っています。

暴力という理不尽な方法で相手をねじ伏せるという点に着目すると、横柄よりも横暴のほうが許しがたいと言えます。

さらに、横暴さには逆らい抗う気力さえ萎えてしまい、対抗しようとする気持ちが消えてしまいます。

まとめ

横暴の「横」も横柄の「横」と同じ意味で使われていますが、ともに相手のことを思いやることなく自分勝手にふてぶてしく振舞うという意味が込められています。

とても嫌な印象を持つ言葉です。

誰かに対して横柄や横暴さを嘆く必要のない状況は平和で幸せです。

また、誰かに横柄や横暴と言われない自分でいるのが理想的。

いずれにしても横柄、横暴と無縁なのが一番です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典